FC2ブログ

京都旅行 その2

京都旅行その2

京都ブライトンホテルの朝ご飯は和洋のチョイス。
でも京懐石「蛍」の朝ご飯は日経新聞 日経プラス1の「ホテルで楽しむ優雅な朝食」で西日本で1位獲得しています。
全員こちらをチョイス。
     写真 1 (2)
              写真 2 (2)

お味噌汁には本田味噌
お漬物には打田漬物
厚みある鮭は食べきれないほど
そしてちりめんじゃこや塩昆布などが並びます。
その名の通り優雅な朝食でした。

その後8:30~12:00までは観光タクシー2台でお庭の綺麗な詩仙堂・圓光寺・曼殊院へ。
何度も電話で話していたので運転手の戸田さんと初めてお会いしたにも関わらず何だか顔見知り状態。(失礼)

混雑を避け紅葉には少し早い時期をあえて選んだのでまだ楓も緑。
それでも溜息が出る美しさ、紅葉の時期なら尚更でしょう。
JR西日本京都のポスターでよく見かけたお庭です。

     P1060513_convert_20141030074537.jpg
P1060518_convert_20141030074607.jpg
              P1060516_convert_20141030074637.jpg
                ずっと座っていたくなりますね

戸田さんの薀蓄あるガイドでそれぞれ違う宗派のお寺巡りを満喫です。

      写真 3 (1)
      戸田さんお世話になりました。


時間通りに祇園へ到着。
柚子屋旅館内「一心居」で昼食です。
夏は青柚子雑炊を頂き感激した柚子雑炊。真夏でもこの熱い雑炊が柚子のおかげでとても美味しく頂けました。
柚子は日本が誇る柑橘ですね。
こちらも無理を言って15種類のおばんざいを一人一膳にしてもらいました。
通常は3人分までが一膳で運ばれてきます。

       P1060538_convert_20141030074721.jpg
P1060542_convert_20141030074749.jpg
                P1060543_convert_20141030074816.jpg

タジン鍋様な蓋をされた大きな土鍋が9名で3つ。
蓋を開けた途端に皆歓声!
大きな黄柚子が丸ごと真ん中に入っているのですから。
お姉さんがそっと柚子をお玉で押して果汁を出します。それは決して押しすぎてはいけません。苦味雑味が出てしまうのです。
鯛の塩漬けが入り卵でとじられ柚子果汁がしっかり利いて一人3~4膳は食べられる量。
最後は黒糖葛餅が出てお仕舞。
個室でしたのでゆっくりしました。

ここで帰られる方が数名。
この後四条堀川「亀谷良長」へ和菓子作り体験へ。


スポンサーサイト



  1. 2014/10/30(木) 08:27:48|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京都その3 和菓子体験 | ホーム | 10月のレッスン終了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tartemaam.blog53.fc2.com/tb.php/659-d6fbb27d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)