FC2ブログ

京都視察旅行 その3

京都旅行 その3

京都四条通りは真夏でもすごい人込みです。

       P1060247_convert_20140807134932.jpg

巽橋から白川沿いにキラキラと涼しげな流れを眺めながら歩き堺町通りにある
  「じき宮ざわ」へ
ご主人の宮澤さんはこの7月に2号店「ごだん宮ざわ」をオープンされそちらへ、
こちらは一番弟子の泉貴友さんが料理長になられています。

軽いお昼のコースを頂きました。

暑く喉が渇いていたので久しぶりにビールを。
キンキンに冷えた銅製のグラス
でも細く小さいので注意しながら何度も入れないと・・・
       P1060248_convert_20140807134958.jpg

最初にご主人が赤盃に食前酒 「風の杜」という奈良の冷酒を注いでくれます。

白ずいきと帆立のナマコあんかけ 
        P1060249_convert_20140807135049.jpg
        器に凝られていることも有名です
   
こちのつくねと金時草の椀物
       P1060251_convert_20140807135109.jpg

さわらと茄子のお造り 土佐醤油の葛寄せ
      P1060252_convert_20140807135145.jpg

十八番の焼きごま豆腐 
       P1060253_convert_20140807135235.jpg
丁寧にすられたみがき胡麻と葛で出来た熱い焼餅状のごま豆腐にすりごまを蜂蜜と出汁で溶かれた冷たいクリームがかけられ白ごまがふんだんにふられた逸品。
クリーミーでまるでデザートのようです。

お漬物はお代わりしてくださいと言われましたが十分な量です
      P1060254_convert_20140807135256.jpg

お釜で炊かれた奈良のお米 ヒノヒカリ
        1ご飯
        ごはん2
一膳目、二膳目、三膳目とお米の蒸らされ時間の違いが楽しめる出され方。
私は二膳目までで十分でした。京都定番のちりめん山椒も添えて。

鈴最中 
      P1060257_convert_20140807135336.jpg
金沢の最中の皮は火鉢で軽く焼かれ、以外にも粒あんでしたが小豆の味を残す甘さ加減が絶妙でした

カウンター10席のみのお店ですがミシュラン一つ星
全てに上品な京都らしい薄味使い、デザートのようなトロトロ焼きゴマ豆腐が料理の分野かと不思議に感じながらも静かに京料理を楽しむには雰囲気も良く、お若いご主人の黙々と隙のない料理する姿が印象的でした。
忙しい手でも帰りはお見送りもあり嬉しく思いました。
スポンサーサイト



  1. 2014/08/09(土) 12:05:15|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京都視察旅行 その4 | ホーム | 京都視察旅行 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tartemaam.blog53.fc2.com/tb.php/622-b70873d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)