FC2ブログ

ラ・パティスリー・ド・レーヴ

ラ・パティスリー・デ・レーヴ

京都東山高台寺近くについ先日9/19オープンした「ラ・パティスリー・ド・レーヴ」
フランスのスィーツ界ではピエールエルメはスィーツ界のピカソ
そしてこちらのフィリップ コンティシーニは革新的なスィーツでデザートの魔術師と呼ばれています。

フィリップ氏はお菓子のオリンピックと言われるクープドモンドで2003年フランスを優勝に導いたパティシエです。シェフ、コンサルタント、執筆家と面白い経歴をももっています。

東京ではなく京都に初出店されることにも注目でした。日本料理の京都ささきのご主人から抹茶などの日本素材を学ばれてもいます。

京都へ行く友達に話すと早速行ってこられてお土産をいただきました。
白の丸いパッケージの中はショッキングピンク 如何にもフランス!
その箱のまわりにはレシピが可愛いイラストとともに入っているのですよ。
       IMG_2993_convert_20120927153451.jpg
      
お店のロゴはルリジューズ
箱は白の不織布で包まれピンクのプラスチックの止め具がまたロゴのルリジューズ。

頂いたのはサブレ・ブルトン
    IMG_2995_convert_20120927152007.jpg
     IMG_3000_convert_20120927151056.jpg

ガレットブルトンヌを思って食べると予想を見事に裏切る食感に驚かされました。
湿気ているかのような食感。
配合を見ると粉がかなり多い。バターのいいお味、でもブルトンなのに塩のインパクトは薄くゆっくり後で来る感じ。

どこのお菓子かわからないで食べると「えぇ~~」でしょうが
先入観があるのでこれが「革新」と思えてしまう。。。


色々調べていくうちにフィリップコンティニーシ氏の写真が出てきて
ビックリ!! 名前は横文字になると??特にややこしい名前なのでピンときませんでしたが見覚えのある顔!
というのも
2008年初めてフランスに行った時、マレ地区にあるフィリップ氏の初めてのお店「エクセブション・グルマンド・パリ」に行きたかったのですが皆で動くスィーツツアーだったので行けずじまいでした。
2回目の2010年には残念ながらこのお店はなくなっていたのでまたまたがっかりして帰国。
その当時のガイドマップを見返してみたらしっかり「グルマンドパリ」のお店の場所にオレンジマーカーで印を入れていました。
でも2009年に7区に2010年5月には16区にも「ラ・パティスリー・デ・レーブ」をオープンさせていらしたのが今になってわかったのが衝撃でした。オープンして翌年に違うお店になるなんて考えてもみませんでした・・。
彼の名前で調べて行っていたらよかったと凄く残念なのが今の気持ち。
こんな凄い人とは知らずにただ当時、ケーキの写真を見て行きたかったお店が今日本にあるなんて。

ドーム型ガラスで一つ一つケーキをディスプレイされていてそれだけでも素敵!
古典的なケーキを革新的発想で作り上げる彼のスペシャリテのケーキ達を食べに京都に行きたい気持ちが膨らみ始めています。

こちらは一緒に頂いたミディアプレミディのムラング
      IMG_2996_convert_20120927151445.jpg
      山椒と白胡椒が凄いパンチです! オススメ!!
スポンサーサイト



  1. 2012/09/27(木) 14:24:48|
  2. お菓子紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ピャチェーレ」アフタヌーンティーへ | ホーム | ル・カンケへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tartemaam.blog53.fc2.com/tb.php/437-d5a37e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)