FC2ブログ

カフェ・ドゥ・ジャルダン

カフェ・ドゥ・ジャルダン



東京都福生市にある「カフェ・ドゥ・ジャルダン」のケーキを頂きました。
素材は上質、安心な国内産等にこだわっていらっしゃるお店のようです。

    王様のモンブラン 
    IMG_1755_convert_20120222024640.jpg
    IMG_1783_convert_20120222075724.jpg

 
下生地には厚みがあるしっかり焼き込まれたムラング。うっすらとラム酒が入っているのかな・・。
薄茶色に色づいているのは砂糖が粗糖だから。
熊本産の和栗クリームに包まれているのはやはり粗糖(和三盆?きび?)が入った薄茶色のシャンティ。
そして和栗の甘露煮が1個贅沢に入っています。
こんなに沢山のシャンティと和栗クリームでも上品な美味しさで調和されていました。
トップの王冠にシェフの自信が見られますね。

    ユズ・ラズ・フロマージュ
    IMG_1748_convert_20120222024438.jpg
    IMG_1773_convert_20120222024845.jpg

シュワーとシャンパンムースのような口溶けのさっぱりチーズムース(キリかも)にユズが隠し味のフランボワーズムースがセンターに入って酸味にベリーと柑橘系が重なります。
トップにユズピールがあったのでどこに使われているかと思えばここでした。
シュワーとした軽さはイタリアンメレンゲで作られたムース。ビスキュイとの間にフィアンテーヌが挟まれ香ばしさが印象的でした。
とっても綺麗なプチアントルメですね。

     ポワールショコラのケーキ(名前不明)  
     IMG_1750_convert_20120222084935.jpg
     IMG_1767_convert_20120222084144.jpg
こちらも豪華なプチアントルメですね。
まわりのセロファンを取る瞬間フワ~とお酒が香ります。
ビスキュイショコラにシャンティとポワールが入ったショコラムースがサンドされています。
食べ応えありそうですが生地とムースとシャンティは軟らかすぎず重すぎずほど良い口溶けです。
生地も美味しい~。
何よりもデコラシオンのフランボワーズに中にジュレが絞られているのには感動!
手抜きのなさを感じました。


品の良い華やかなデコレーションなので女性好みですね~。
生地作りにもこだわりを感じた美味しいケーキでした。

王冠つきの王様のモンブラン、この季節合格祝いに差し上げたくなる一品です。


暗くなってきた夕方の写真撮りでしたのでピンボケになってしまい失礼致しました。
Sさん美味しかったです!ご馳走様でした。
スポンサーサイト



  1. 2012/02/22(水) 09:15:41|
  2. お菓子紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月レッスン日程 | ホーム | ハーブティーソムリエ・アドバイザー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tartemaam.blog53.fc2.com/tb.php/343-050d7b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)