FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フランス パリその2

フランス パリその2

ストーレーはフランスで一番古いパティスリーです。
店内はさほど広くはないですがクラシカルなケーキ、反対には色とりどりのトレトールがいっぱいです。やはり「ババ・オ・ロム」 これがもう一度食べたかったのです。前回はよっぽど疲れていたのか半分食べて酔うようでしたが今回はそれほどお酒は感じなかったなぁ(食べたのは家だったのでアルコールが薄れたかも)

   DSCF5702_convert_20100131231701.jpg

夜は危険なのでホテルの部屋で食べることにして夕飯用のキッシュも購入
「サーモンとブロッコリーのキッシュ」生地はバターが効いたフユタージュ 
   DSCF5701_convert_20100131231727.jpg

ストーレーの通りはマルシェになっていてお肉屋さん2軒へ 友人は大のハム好きなのです。
「パテドカンパーニュ」と「パテ○○」の2種を購入
日本に比べて安いこと!種類も豊富なので目移りしながら選んで大きなパテを好きな厚さにカットしてもらいます。
果物屋さんも見つけミラベルを聞いたらやっぱり季節外れでないとのこと、これが買えたら最高だったのに・・
さて夕飯時、せっかく買ったトラベルポットがトランスと合わず途中で切れてしまい熱いスープやコーヒーが飲めなくて残念。クルトンが固いままのぬるいスープを添えて食べることになりました。

4日目はサンジェルマンデプレのパティスリーとモノプリとパリ三越で買い物へ
ジェラールミュロ
   DSCF5710_convert_20100131231526.jpg

前回行ったジェラールミュロでは駆け足でした。ケーキにトレトゥールにビエノワズリーが充実してとにかく綺麗。
ゆっくり眺めたかったのです。1月も終わりですが「ガレットデロア」がウインドゥにいっぱいです。珍しいピスターシュのものやフランボワーズが飾られたハート型もあります。

   DSCF5704_convert_20100131231629.jpg

   DSCF5707_convert_20100131231555.jpg

ガレットデロアピスターシュにはピスタチオとへーゼルとアーモンドが押し込まれていてクリームもピスタチオクリームとクレームダマンドが交互に絞られています 甘味があまりありません

   DSCF5724_convert_20100131231351.jpg

ゆっくり眺めながら買い物です。お客さんもパンを買いに頻繁にきています。
ここでも友人はガレットデロアを一台買い。前日は材料問屋でマロングラッセ1kgをモンサンミシェルではクイニーアマンを一台、このあとモノプリではパテドカンパーニュを固まりで買っています。実はこの友人初日に左手の甲にヒビが入るハプニングがあったのですがこんな買い物のしかたに驚くやら心配したりやらあきれたりとほほえましく笑ってしまいます。食欲の強さと家族への思いが伝わる買い方ですよね
そしてサダハルアオキに立ち寄り、小さなお店で意外でしたが日本で凄く高いのでパリではどうなのかしらって。でも同じでした・・。ここでもガレットデロアに素敵な銀色の王冠をかぶせて売られていました。胡麻餡と抹茶のホワイトチョコムースの「禅」を買い、すぐ食べてしまったので写真はありませんが胡麻餡の強さにう~ん・・

そして、ラメゾンドショコラへ
目的はカフェスィーツVOL106に載っていた「ブレジリアン」そして「エクレアエピス」と「インディビ」を購入
日本未販売の3点を買い求めホテルでパッキング。日本へ持って帰ります。
疲れて写真は取らず持ち帰った後なのでかなり崩れた写真です。ブレジリアンは崩れすぎたので写真はありません

   DSCF5731_convert_20100131231256.jpg

   DSCF5733_convert_20100131231229.jpg

エクレアのエピスがあまり感じられませんでしたがチョコレートクリーム(ガナッシュタイプ)はビターで甘味よりも旨み。しっかりしてソフト感のあるシュー生地は生クリームで作ったような食感
プレジリアンはほのかにコーヒー味を感じビスキュイは2種類、でも凄く甘くって一口で十分。

かなり歩いたパティスリーめぐりを終えてメトロでピラミッドへ移動です。モノプリ(グレードの高いスーパー)も楽しみにしていたのでゆっくり買い物が出来て満足でした。ここでルブロションサボワを見つけられて今回の目的は完了です。そして歩いてオペラまで移動。パリ三越でお土産を買い遅いランチをブラッスリーで食べてやっと休憩。そして重い足と両手に荷物でメトロに乗り込みやっとホテルへ帰り着きました。

5日目帰国日。プランタン高島屋とラファイエットへ
買い物です。家族へのお土産選びも疲れます。ラデュレの出店が結構あっておやつにマカロンをつまみました。

さて、家に帰り着きお店開き
   DSCF5735_convert_20100131231121.jpg
左上 モノプリ対面売り場のパテドカンパーニュ 左下 モノプリ対面サーモンパテ
右上 ジェラールミュロのパテドカンパーニュ  右下 マルシェの肉屋さん2軒のパテドカンパーニュ
やはりパテはお肉屋さんに限ります。スパイスのパンチが効いています。

   DSCF5714_convert_20100131231421.jpg
トマトキッシュやタルトシトロンなどジェラールミュロ   
   DSCF5740_convert_20100131231021.jpg
目的のひとつ 前回買えなかったサボワ地方のチーズ「ルブロションサボワ」と珍しい「七面鳥のハム」


観光と自由時間がたっぷりあった今回はリベンジ旅行となりました。
前回は案内人がいてくれたので気楽についていくだけでしたが今回は個人移動なので緊張感ある街歩きでした。でもメトロで移動出来たこと、パリの街を地図片手に歩けたことが次回への自信につながりました。
聞くこと読むことも大切、そして行って見ることも大切、全ては経験ですね、そして強くなれます。
まだまだ行きたかったパティスリーや観光地、街歩きやショッピグもありますがそれは次の楽しみとなりました。

   
スポンサーサイト
  1. 2010/02/01(月) 21:33:46|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東松山クラブ「アンジュ」 | ホーム | フランスの旅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tartemaam.blog53.fc2.com/tb.php/129-f75639c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。