FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アステリスク

アステリスク

代々木上原で講習会。
必ず寄らずにいられない「アステリスク」 和泉シェフのパティスリーです。
講習会帰りはお店は大混雑、ショーケースの中も残り少ない状態に。なのでいつも昼休みに伺います。

どれも綺麗なケーキで美味しいのです。

      トパーズ
      IMG_6958_convert_20170425201221.jpg
パイナップルムースとメロンムースのマッチングが爽やか

      アメリ
      IMG_6957_convert_20170425201143.jpg
ホワイトチョコムースに 苺とグロゼイユ合わせフォークを入れるとグロゼイユがコロコロと。
この不思議なピンク色に引き付けられます。

      フレグランス
      IMG_6955_convert_20170425201105.jpg
      抹茶に柚子が主張し苺とのハーモニー
      

      タルト・オ・バナーヌ・エ・オ・ノワ 12㎝
      IMG_6963_convert_20170425201237.jpg
      スリジェ時代の復活です。おススメ。
      1日1台限定のレア物タルト。  
若いバナナをキャラメルソテーで香りと食感良く苦味ある胡桃のクロッカンがゴロゴロ



アステリスク オープン5周年記念
   5月5日(金) 6日(土)
お買い上げで各日500枚オリジナル保冷バッグのプレゼントがあります。
       IMG_0092_convert_20170426095945.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/04/26(水) 18:52:30|
  2. お菓子紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

単発レッスンも終わり

単発レッスンも終わり

単発レッスン2日目、自作のお花を頂きました。
部屋にこのような華やかな花があると嬉しくなります。

      Aさん、ありがとうございました。
      P1100693_convert_20170425201734.jpg


そしてレッスン後、余ったクリームでプチガトーを作ってみました。
       IMG_6946_convert_20170425201023.jpg

       プチガトーフレジエも良いですね。

       IMG_6950_convert_20170425201044.jpg

        ♥可愛い♥♥
  1. 2017/04/25(火) 20:41:34|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

単発レッスン フレジエ

単発レッスン フレジエ

リクエストレッスン フレジエ
日本で苺のケーキはショートケーキですが、フランスの苺のケーキと言えば「フレジエ」です。
フランスでも最近見かけなくなったようですが 日本のパティスリー(フランス人シェフのお店でも)でもなかなかありません。

カスタードクリームとバターを合わせたクレーム・ムースリーヌに苺をたっぷり入れスポンジで挟んだケーキです。
何よりも苺の断面を美しく見せることでケーキの中でもダントツに見た目100%のケーキです。

私自身重いクレームムースリーヌが苦手なので今回は軽さを出した配合に苺の酸味と合わせたものとなりました。
バターの力でゼラチンを入れなくてもカチッと固まり、食感もさっくりとし生地感も大切にした好みのケーキになりました。
出席された方には組み合わせ方の秘訣を伝授させて頂きました。

        IMG_6939_convert_20170424111957.jpg
        ハート型とこの色合いがとっても可愛い~
        IMG_6941_convert_20170424112101.jpg

        IMG_6940_convert_20170424112041.jpg
  1. 2017/04/24(月) 11:44:36|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アフタヌーンティー

アフタヌーンティー

桜の季節は終わってしまいましたがホテルのアフタヌーンティーではさくらフェアがもう少し続いています。

イースターに横浜ベイシェラトンホテル ロビーラウンジ「シーウィンド」へ。
4/30までのアフタヌーンティ-セット ~さくら ver.~
武藤シェフのスィーツです。

       IMG_0010_convert_20170423132323.jpg
       ジルスチュワートのピンクのお皿で更に春らしく

       IMG_0005_convert_20170423132050.jpg
メインケーキは6種類から選択でタルト・シトロン。
B1にあるペストリーショップ「ドーレ」のスペシャリテです。
見た目も良く口溶け良いレモンカードのタルト。プチガトーは桜尽しです。

       IMG_0006_convert_20170423132217.jpg
大きな2種のスコーン。ママレードに緩いクロテッドクリーム、そして蜂蜜
 
       IMG_0007_convert_20170423132251.jpg
アペテイザーはローストビーフとサーモンのサンドイッチ、
シーフードサラダ、
ポテトグラタンにカプレーゼのピンチョス 
この一皿だけで十分なくらい。
    
       IMG_0012_convert_20170423132354.jpg
コーヒーの他、ロンネフェルトの紅茶8種がおかわり出来ます。
ロンネフェルトの油時計が素敵です!
      
       IMG_0014_convert_20170423132429.jpg
スペシャルティーのチェリーブロッサム
ポットにはタップリ3杯分なので他の茶葉が飲めなくて・・残念
茶葉受けも素敵なテーセットです

        IMG_0003_convert_20170423131548.jpg


ハープの優雅な生演奏にシャンデリア輝くラウンジでゆったり過ごせます。
どの品も美味しいアフタヌーンティー、おススメです。
5/1~6/30の期間はアフタヌーンティーセット 「マリーアントワネット」 が始まります。

  1. 2017/04/23(日) 13:51:37|
  2. お菓子紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今月のC・Sクラス

今月のC・Sクラス

桜が満開となった4月。本当に珍しいことですがやはり桜は春めいた4月が良いですね。🌸

さて4月のCクラスは春の色合いのフルーツのロールケーキルレ・オ・フリュイでした。
もう少しシャンティを増やしても良かったですね。

       IMG_6926_convert_20170409164650.jpg

そしてSクラスは「桜フロマージュ」
レッスン当日の朝にレシピを変更したりと。ほんのちょっとのことですがこだわりがあるもので・・。 

皆さんが作りやすいように桜の風味を桜葉だけでつけることで決着。そこには出来上がりの色彩も重要でした。
桜の風味をつけたフロマージュムースと苺を合わせたこのケーキは桜の季節ならではです。
桜の花びらと同じハート型で作ることでやはり気分は上がりますね。

      IMG_6930_convert_20170420175236.jpg

      IMG_6931_convert_20170420175255.jpg

サイドからコンフィチュールが出てしまったのが残念ですがそうでなければピシッと完璧。
最後の最後まで考えていたこのケーキ、私の中では今年一番の上出来な作品となりました。    
  1. 2017/04/21(金) 15:22:42|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜ベイシェラトン ドーレ

横浜ベイシェラトン ドーレ

横浜ベイシェラトンホテル ペストリーショップ「ドーレ」
クープ・デュ・モンドやワールド・ペストリー・チャンピオンシップ等数々の日本代表となられた武藤修司シェフがペストリーシェフを務めています。
リッツカールトン東京からマンダリンオリエンタル東京、そして2016年5月に横浜ベイシェラトンへ。

      苺のショートケーキ
      IMG_6932_convert_20170420175315.jpg
      フレジエのように四方に苺の断面が。

      エクレール・フレーズ
      IMG_6934_convert_20170420175355.jpg
一目見てこれ!と。
程よい長さに美しいビジュアル、底にはパティシエールそして苺とシャンティ。そのクレームパティシエールにはコンフィチュールが隠し味に少しずつ絞られています。蓋になるシューには苺のアイスングが絞られて。全く手抜きない完璧さ!

      モンブラン
      IMG_6933_convert_20170420175335.jpg

      IMG_6937_convert_20170420175416.jpg
とにかく手をかけられているモンブランです。
ムラング、生地(マジパン?再生生地?)、パティシエール、シャンティそしてマロンクリームの5層構造。
もちろん中にはマロンのシロップ煮も。


さすが武藤シェフです。
  1. 2017/04/20(木) 18:22:01|
  2. お菓子紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ

お知らせ

明日からのイベントのお知らせです。

★日本最大の食の展示会
  ファベックス2017 
       デザート・スィーツ&ベーカリー展
    4/12~14 10:00~17:00
   東京ビッグサイト 東1・2・3・4ホール


展示ブースの他にもセミナーやコンテストもいっぱいです。
4/12 全日本ヴァンドゥースコンクール
  4/12・13 第11回氷菓を使ったアシェットデセール・コンテスト
  4/13 ザ・ペストリー・クィーン日本予選 
       (2018年イタリア本選出場への女性パティシエコンテスト)
  4/12・13 コーヒーフェストラテアート世界選手権東京大会


★新宿伊勢丹催事場
    ボンジュール・フランス  4/12~21

 
 食に目ざとい方はLet Go~! [お知らせ]の続きを読む
  1. 2017/04/11(火) 14:03:02|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アングラン

アングラン

アングランでミニャルディーズを購入
二口で食べ切れる大きさが私にはちょうどいい(*^-^*)

    IMG_6919_convert_20170409164416.jpg
生ケーキは全てこの大きさ、何個買ってもピッタリ合う箱に入れてくれるので持ち帰り易いです。

    ペティヨン
     高知産ベルガモットムースと紅茶のブリュレ
    IMG_6917_convert_20170409164347.jpg

    IMG_6921_convert_20170409164545.jpg

    シュクセ アンヴェルセ 
シュクセとバタークリーム センターはチョコレート,ナッツで覆われています
    IMG_6915_convert_20170409164305.jpg

    IMG_6920_convert_20170409164519.jpg

    グラン ヴァニーユ 
     パンドジェーヌとバニラクリーム
    IMG_6914_convert_20170409164239.jpg

    IMG_6923_convert_20170409164614.jpg


小ぶりですがどれも美しいビジュアル、手をかけられている豊富なケーキに迷ってしまいました。
  1. 2017/04/10(月) 16:41:00|
  2. お菓子紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アングランイベント

アングランイベント

桜が満開となった週末は小雨続きです。
表参道のミニャルディーズのパティスリー「アングラン」のイベントにお誘いされ行って参りました。

アングラン×臼杵焼コラボレーションイベント
200年前の大分の幻の焼き物臼杵焼、花や蓮の形が特徴です。この器を主役にした金井シェフのスィーツコース。
店内カウンター3席×3回転、1日9名のみ3日間のイベントです。

春をテーマに
      前菜3種
      P1100647_convert_20170409093655.jpg
      まずはカボスのスパークリングジュース
      P1100648_convert_20170409093718.jpg
低温焼したライムのメレンゲにほぐした土佐文旦とティムトペッパーの香り
       フランボワーズにカボスのソルベ
       マイヤーレモンのミコンフィ

       ブラッドオレンジのゼリー寄せ
       P1100649_convert_20170409093811.jpg

       IMG_6839.jpg              
       苺のティアン
       P1100655_convert_20170409093834.jpg
フロマージュブランと苺が中にカダイフで桜の木をイメージされて。
       

       P1100656_convert_20170409093855.jpg
       高知の紅風紀の紅茶

       口直しの酒粕のソルベ
       P1100658_convert_20170409093914.jpg

メイン
     バニラで香り付けしたリュバーブのポシュ「蓮池」
       P1100659_convert_20170409093934.jpg
立派なオランダ産フレッシュリュバーブのシロップ煮とアイスクリーム、
綺麗な桜色のリュバーブ尽しです。
シェフからシロップを注がれて蓮池となるパフォーマンス。
       P1100660_convert_20170409093953.jpg
      
       P1100662_convert_20170409094016.jpg
       器とベストマッチ

       ミニャルディーズ4種
       P1100665_convert_20170409094040.jpg

臼杵の器を額縁に絵になるスィーツが見事に合わせられた表現力が素晴らしかった。金井シェフの語りがあってこそ美しさと美味しさを更に感じると言うもの。
手がかかる小さく作られたミニャルディーズと素材にこだわりとても手をかけられたこのコース。
お見事でした。

       IMG_6855.jpg

       ラインナップ豊富のミニャルディーズの数々    
       P1100643_convert_20170409093613.jpg

       P1100644_convert_20170409093635.jpg

       IMG_6833.jpg
  1. 2017/04/09(日) 16:10:47|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月レッスンが始まりました

4月レッスンが始まりました

今月の始まりはAクラスから。
爽やかでポカポカした気持ち良い春日和。

      タルト・アマンディーヌ +苺のタルトレット
      IMG_6894_convert_20170406173819.jpg

タルトアマンディーヌは基本のタルトです。
タルトの伸ばしと土手とエッジを綺麗に敷き込むマスターになります。

      IMG_6900_convert_20170406173841.jpg


シンプルですが素材の美味しさが引き立ちます。
そして敷き込みの練習のため余り生地(二番生地)でタルトレットを。
こちらはアレンジバージョン。

タルトの基本が出来ればいろいろなアレンジが楽しめますね。
  1. 2017/04/06(木) 18:04:03|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Granny Smith

Granny Smith

グラニースミスのアップルパイを頂きました。
頂いたものは青山店のもの、本店は三宿、銀座と横浜にも店舗があるようです。
オープン当初は行列だったとか。
てっきりアメリカからやって来たのかと思っていましたが純国産でした。
パイの仕上げが綺麗だった訳ですね。
青森と長野産の日本では珍しい青りんご種グラニースミスが使われています。

代表的な4個

     フレンチ ダマンド 
     P1100584_convert_20170404233813.jpg
     アーモンドクリームとシナモン

     クラシック ラムレーズン  
     P1100588_convert_20170404233906.jpg
     クランブルとリンゴとラムレーズン

     ダッチ クランブル
     P1100584_convert_20170404233813.jpg
     クランブルとモラセスとバーボンとシナモン

     イングランド カスタード
     P1100585_convert_20170404233839.jpg
     カスタードとリンゴ

見ての通りのリンゴがたっぷり。
酸味あるリンゴの味がそのままなので大きいですが1個食べられる方も多いのでは (*^^)v      [Granny Smith]の続きを読む
  1. 2017/04/05(水) 00:05:36|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プチフラム志木レッスン

プチフラム志木レッスン

    桜が咲き始めお花見の季節となりました。
       P1100565_convert_20170331001607.jpg


苺のケーキと言えばショートケーキ
フランスでは「フレジエ」です。
クレームパティシエールとバターを合わせたクレームムースリーヌと苺の見メ麗しいケーキです。
甘いクリームと苺の酸味がマッチング。
ただ、バターがたっぷりのこちらのヘビーなクリームをバタークリームに替えて軽さを出した今回でした。

        P1100591_convert_20170402220725.jpg

        P1100592_convert_20170402220747.jpg

        P1100594_convert_20170402220833.jpg
        春らしい色合いで可愛いですねー。
        P1100595_convert_20170402220902.jpg

        カットした断面が現れると歓声が上がりました
        P1100597_convert_20170402220930.jpg
    軽くしたクリームですがこの小さなカットで十分でしたね(^^)


バタークリームの美味しさや見た目インパクトに何度も歓声が上がったレッスンでした。
  1. 2017/04/03(月) 20:55:15|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポワソンダブリル

ポワソンダブリル

4月1日はフランスではポワソンダブリルの日です。
ポワソンダブリルとは4月の魚の意味。
一説にはこの魚は鯖(マクロー)を指し
サバは利口でなく簡単に釣れてしまうことから小馬鹿にされこの日は背中に魚の絵を貼るイタズラをしたりします。
また、マクローの意味に売春宿のヒモの意味もありやはりこちらも良い意味ではありませんね。

諸説ある中、古代ローマは新年を1月1日にしていましたが12世紀にローマ教会が復活祭(イースター)の前日に新年としました。
イースターは毎年日付が変わるため不便をきたし16世紀にシャルル9世が1月1日(グレゴリオ暦)に新年を戻したことで反発した人々が嘘の新年として馬鹿騒ぎをしたという説だと私は思っています。
このことからポワソンダブリルとイースターは切り離すことは出来ず点と線で結ばれていると。イースターの象徴として卵やウサギそして魚があるのもそうなのではと思っています。

長くなりましたがポワソンダブリルのこの日
恩師パティスガストロノミー鈴木先生の代講でポワソンダブリルのレッスンへ。
王道のポワソンダブリル、お楽しみの会と言うことでしたがしっかりとレクチャーさせて頂きました。

       P1100566_convert_20170402220205.jpg

皆さんも型紙を作りそれぞれの可愛いポワソンダブリルが完成。
P1100570_convert_20170402220352.jpgP1100571_convert_20170402220419.jpg
P1100572_convert_20170402220447.jpgP1100573_convert_20170402220512.jpg

       P1100576_convert_20170402220540.jpg

なかなか販売されていないポワソンダブリルです
      こちらはユーハイム
      P1100579_convert_20170402220651.jpg



パティスには5年振り、先生の奥様は元気でキュートなままでした。
       P1100581_convert_20170402220615.jpg
  1. 2017/04/02(日) 23:30:16|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。