FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

収穫の秋

収穫の秋

姉から届いた季節の美味しいもの。
       IMG_5948_convert_20150928213555.jpg
お義兄さんがひと夏かけて受粉の手間をかけ、端正に育てられたパッションフルーツ。
グリーンカーテンの2年目になった今年は切るとジュースがもったいなく出るほどジューシーで酸味よりも甘味がとても強い美味しいものです。
そして姉の自家製 敷地内で出来た栗の渋皮煮と無花果のジャム。
いつも送ってくれる山のようなつき立ての新米。
本当に嬉しいです。

一緒に送ってくれた初めて見るパッションフルーツの花の写真。
       IMG_5952_convert_20150930100511.jpg
        果実の中身そっくりな花です。


大切の作られた旬の季節の贈り物を大事に頂いていきたいと思います。


パッションフルーツのブリュレを作りました。
       IMG_5966_convert_20150930100612.jpg
酸味に負けない濃いめのアパレイユ。
出来上がり後も中のパッションはフレッシュなまま。
なのでとってもジューシー!
温かいうちに頂きます。
とっても美味しいブリュレになりました(*^-^*)
 
      
スポンサーサイト
  1. 2015/09/30(水) 08:37:16|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プチフラム

プチフラム志木レッスン

今夜は満月
例年になくスーパームーンで大きなお月様です。
皆様 見られていますか? 
    P1070365_convert_20150928205441.jpg
     太陽に比べ月は神秘的です。
真っ暗な闇に光るまん丸な月を見ていると今までの嫌なことも嘘のように思える落ち着いた気持ちになれます。


さて昨日はプチフラム志木のレッスンでした。
季節の栗を使った
「黒糖とマロンのロールケーキ」

女性ならマロンに目が行ってしまいがちですが黒糖使いがメインでした。
風味に癖のある黒糖。
どの黒糖を使うかによりケーキ全ての味に影響します。
今回は癖のない上品な味のフィリピンのマスコバド糖使い。PHも問題ない黒糖です。

そして別立ての生地作りも重要でした。
きめ細かな弾力ある生地にこだわりました。
夏からレッスンギリギリまでこだわった配合と生地作りに結果は良好なものになりました。

        P1070363_convert_20150928205357.jpg

        P1070364_convert_20150928205418.jpg

        写真 (15)

  1. 2015/09/28(月) 21:23:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シルバーウィークです

シルバーウィークです

関東・東北大水害の被災地、被災者の方々には深くお見舞を申し上げます。

東日本大震災を思い出させる画面に言葉を失いました。
本当に天災に次々に見舞われる日本です・・・。
少しでも元の生活に早く戻れることをお祈りいたします。


さて久しぶりの爽やかな青空です。

今日からシルバーウィークだったのですね(笑)
近年作られたシルバーウィークに慣れていません。

9月に入りレッスンが始まっています。
ご紹介です。

Aクラス ケイク・フリュイ  パンナコッタ
       IMG_5925_convert_20150919122032.jpg
自家製のフルーツ漬けを基本量をはるかに超えたリッチなケイク。
下に沈まず均等にフルーツが入っていますよ。
どこのケーキ屋さんにもあるフルーツケーキですがこちらも大変奥が深いもの。

Bクラス フィナンシェ  ブランマンジェ
       IMG_5920_convert_20150919121917.jpg
毎年見直しながらのレッスンでレシピも少し変えたりします。
今回のフィナンシェは抜群に上出来でした!
シンプルなものほど難しいのです。

Cクラス 無花果のタルトレット
       IMG_5921_convert_20150919122006.jpg
9月初旬なので良い無花果が手に入りました。
クリームの配合や固さや絞り方、添えるココナッツとちょっとしたことが風味の完成になります。
  1. 2015/09/19(土) 12:48:43|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンジェ

アンジェ

長雨が続きますね。
今日の久しぶりの日差しには蒸し暑くてたまりません。

9月最初のレッスンが東松山「アンジェ」から始まりました。

バニーユ・ルージュ
          P1070305_convert_20150903191700.jpg
パンドジェーヌを下生地にババロア・バニーユとジュレ・ハイビスカスの組み合わせ。
夏の名残を残し華やかな色合いにしました。

酸味あるハイビスカスとローズヒップのハーブティーは
ビタミンC豊富な美肌効果と疲労回復効果があります。
色合いからも女性好みに。

ジュレの中にフルーツやチアシードを入れたりして試しましたが相性が今一つでシンプルな仕上げとなりました。

・ 美味しさの為の固さ
・ スタイリングあるエッジの為の固さ

に凝固剤量を何通りも試した結果決めた配合でしたが少し訂正することに。
美味しさの決めては口に広がりがある柔らかさ。


まだまだ残暑が続くはずがこんなに早く秋になってしまい予定メニューを変更することに。
秋の素材も並ぶようになりました。

試作が続くことになります。。(^^)

  1. 2015/09/03(木) 19:38:39|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリセヴェイユ

パリセヴェイユ

自由が丘のパティスリー・パリセヴェイユへ。

素敵な外観と店内はダークブラウンのウッドデコラスタイル。
撮影禁止なので残念ながら買ったケーキ名も複雑で覚えられない・・・
店内の半分が喫茶なのも嬉しく店内はいつも満席状態です。
見た目も風味もセンスが光る金子シェフ。
生菓子をはじめ古典菓子や焼き菓子、ビエノワズリーと充実のパリにも店舗を広げられているお店です。

       ガトー・バニーユ
        IMG_5887_convert_20150831085057.jpg
タルト生地にフランジパーヌバニーユ、ショコラバニーユ、シャンティバニーユの3種のバニーユ
ショコラブランも入っているような重めなケーキです。

      アラ・ジュマンジュ・??・パリ (自信無し)
        IMG_5879_convert_20150831084736.jpg
しっかりお酒が効かされたダクワーズ生地のチョコレートケーキ
パイナップルが中に入りココナッツシャンティが夏らしくアーモンドダイスが効いています。
  1. 2015/09/03(木) 15:03:31|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイシングでデコ

アイシングでデコ

十数年ぶりにシュガー練習。

        IMG_5889_convert_20150831084819.jpg


でもこうするとカップケーキが食べられないんですよね~ 
  1. 2015/09/02(水) 08:55:42|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出雲大社・足立美術館へ

出雲大社・足立美術館へ その2

2日目はいよいよ足立美術館へ
アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」で日本一を連続1位を取り、世界一の庭園とも言われている50000坪のお庭。
まずこの庭園に案内され説明を受けてから世界一の横山大観のコレクション等を持つ展示物を回る順路。
館内は撮影禁止です。

    「庭園もまた一幅の絵画である」 創設者 足立全康氏の言葉です
P1070251_convert_20150831013523.jpgP1070252_convert_20150831013542.jpg

P1070253_convert_20150831013602.jpgP1070254_convert_20150831013621.jpg

このお庭が見たかったのです。
四季それぞれ見ごたえがあるのでしょうが夏の緑のグラデーションと石のまっ白さで爽やかな清涼感を感じます。
遠く見える山をも庭の一部に見えるよう計算しつくされた庭作りに溜息。

          P1070263_convert_20150831013641.jpg
          窓枠も額縁に

今回、魯山人の器展も京都美術館から回ってきたばかりで新館に展示されており、こちらも楽しみでした。
家庭画報にも出ていたこともあり実物を見れたタイミングの良さにラッキー。
2時間はアッという間に過ぎてしまいました。


さあ出雲大社へ
大社のすぐ横には日本一の75畳の日の丸
高さは古代神殿より1m低く47m。


        P1070275_convert_20150831013709.jpg

「祓い給い清め給え」を3唱し、2礼4拍手1礼後、手を清め参拝へ。
        神楽殿 
       P1070280_convert_20150831013737.jpg
    神殿内で御祈祷を受けお神酒を頂き巫女舞を鑑賞、神聖。。。
        P1070282_convert_20150831013755.jpg
          太い!

        本殿
        P1070289_convert_20150831013835.jpg
手前に見える赤い丸3個は元々あった三本を金輪で一つにした柱が実際に9本見つかった跡です。

        実物大の大柱の模型 巨大です
        P1070291_convert_20150831013856.jpg

神話の世界に広い出雲大社を地元ガイドさんについて歩くこと1時間半。

        P1070293_convert_20150831045030.jpg
日本唯一珍しい長い下り参道(逆からだったので上り参道)を出て神門通りへ

        P1070297_convert_20150831013923.jpg
       出るとすぐに竹内まりやさんの実家 竹野屋旅館

神門通りはおぜんざいと出雲そばのお店が沢山並び、
出雲はぜんざい発祥の地です。
神在餅(じんざいもち)から起因し出雲弁で訛ってぜんざいになったそう。 
旧暦10月に全国から神々が集まり神在祭(かみありさい)と呼ばれる神事で振る舞われたのが神在餅だそうです。
そしてぜんざいとなって京都に伝わったと言われています。

一休みに ぜんざい学会壱号店へ(弐号店は松江に)
        P1070298_convert_20150831014004.jpg
 
        出雲ぜんざい
        P1070300_convert_20150831014034.jpg
上澄みが透き通りさらりとして小豆は豆味を残し縁起良い紅白の可愛い白玉入り
ついてきたのは塩昆布ではなく夏に美味しい塩キュウリ。

こちらを冷やした冷やしぜんざいもあり今の季節にはいいですね。


出雲そばも食べないといけません(笑)
        薬味も入れた4段せいろで出されます
        P1070301_convert_20150831014054.jpg
        最初のせいろに薬味をのせて汁をかけます     
        P1070302_convert_20150831014110.jpg
  2枚目のせいろは最初の残った汁をかけ新たな汁も足したりと、3枚目も同様に    
        P1070303_convert_20150831014129.jpg
        無駄がない面白い食べ方でした。  


伊勢神宮の遷宮は完全に新しくされますが出雲大社の遷宮は痛んだ所だけが新しくされます。 
広い境内なので遷宮はまだ続いており覆い掛った場所もまだ何カ所も。
神話の地 神聖な出雲大社を見ること、参拝することが出来て良かった。

たった2日間と思えない充実の内容でした。
出雲縁結び空港から帰路となりました。

          P1070286_convert_20150831013815.jpg

  
  1. 2015/09/01(火) 02:39:16|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。