スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブリュッセル パティスリーササキへ

ブリュッセル パティスリーササキ

今回のベルギーは「パティスリーショコラトリーヤスシ・ササキ」に行きたかったからでした。

佐々木靖氏はベルギー王立専門学校C.E.R.I.Aを卒業されブリュッセル パティスリーMahieu(マイユー)修業後2007年10月に閑静な住宅地Chantd'Oiseau(シャンドワゾー)にオープンされました。
日本ではプロ向きのみの講習会をやられ紙面のみでしたが興味を持っていました。

ブリュッセルやブルージュを姉がとてもよく調べてくれており添乗員も目を見張るほどの知識力。
そのお蔭で自由行動日には完璧な観光をさせてもらえました。

ササキに関してはグーグルから航空写真をプリントアウト、バッグには磁石まで(笑)
もう脱帽です。

ササキは朝8時からオープンしているのでホテルを8時前には出発。
北駅手前ではハリソンフォード似のおじ様から
「スリに気をつけて」
と忠告を受け親切にも乗り場まで案内して下さったりと。

ホテルは四つ星でしたが治安があまり好くない北駅周辺とメトロです。
でも姉のお蔭でトラム(プレメトロ)とバスを乗り継ぎ9時過ぎには到着。

バス停の目の前がササキ
     P1050055_convert_20140330212223.jpg

運良くシェフもいらっしゃり忙しそうに接客中でスタッフも日本人なので落ち着きます。
 (午後に行った方は残念ながらお会い出来なく)
    
    キャレ・クレーム・フレーズ
    P1050065_convert_20140331000046.jpg

    スペシャリテのルビー
    P1050066_convert_20140330233325.jpg
 
     P1050072_convert_20140331001515.jpg

     エクレール
     P1050080_convert_20140331002249.jpg

P1050077_convert_20140330213119.jpg

今年の*イースターは4/20 
可愛いイースターチョコレートも沢山ありました。
P1050079_convert_20140330212753.jpg

*イースターとはキリストが十字架刑で亡くなってから三日後に甦った復活祭のこと。
キリスト教においては最も重要なお祭でイースターエッグはヒナが卵から生まれることとイエスが甦ることを結びつけたものでニワトリやウサギも多産なことで生命の象徴となっています。


シェフに日本でも講習会をとお願いすると日本の協会には所属されていないため一般講習会は出来ないとのことでした。

朝のパンやビエノワズリーを求めて引切り無しにお客様がいらっしゃる中、物腰柔らかなシェフとお話が出来、コックコートが汚れていることを気にされながらも快く写真に入って下さいました。
       
     P1050085_convert_20140330213239.jpg
     姉と共に
  
  シャンドワゾーとは日本語で小鳥のさえずり。
  その名前通りのこの静かな住宅地がシェフに似つかわしいと。       


    さて購入したものはこちら
    P1050087_convert_20140331002056.jpg
・スペシャリテの真赤にピストれされたインパクトあるチョコレートムースにフランボワーズぺパンが入ったクリームがサンドされたルビーのプチガトー
・タルト・シトロン ホロホロしたパートシュクレに日本人好みのレモンカード
・エクレール
・フランスでは珍しいショートケーキ
・クロワッサン
・ショーソンポム
・ヘーゼルクッキー      

コーヒー(ネッスル?エスプレッソマシンで)は中で購入出来ましたがイートインはないので前の教会のベンチで頂きました。もちろんお皿やナイフとカトラリーは持参です。
冷めたコーヒーやフォーク等 またお手洗いの事まで気にして下さり、とにかく優しいシェフでした。

川越からと言うとこのお店で修業された川口のパティスリー「シャンドワゾー」へ是非にと紹介され 昨日早速行って来ました。(その様子は次回に)
スタッフは殆ど日本人(女性が多い)皆シェフを目指して頑張っています。


1時間以上はいたでしょうか、大満足でシャンドワゾーを後にしました。

    

さて、この日は気温が19℃の快晴 新緑にモクレン、ハナミズキの花々も咲いており絶好の観光日和。
半袖やノースリーブ姿で公園の芝生で日向ぼっこも多いこと。


さあ、バスとトラムを乗り継ぎ姉が絶対行きたかったEU本部へ
青に黄色の星の旗が一斉にたなびき威厳を感じます。
少し中へも入って。

   P1050113_convert_20140330213748.jpg

   周りでは何故かテレビ局と警官が多く
    P1050114_convert_20140330213942.jpg
夜のニュースでウクライナ問題でドイツのメンケル首相はじめ各国の要人が来ていたことが解り納得。
それにしても警官達がカッコイイ!!


次はサンカントネール公園へ。
EU本部の先から凱旋門が小さく見えており、歩きます。
新緑の木々から木漏れ日や芝生の緑が眩しい。

シンメトリーなサンカントネール凱旋門の素晴らしいこと!!
     P1050115_convert_20140331113620.jpg


     P1050121_convert_20140330214605.jpg

     P1050122_convert_20140330214923.jpg

     P1050123_convert_20140330215125.jpg

     P1050129_convert_20140331002007.jpg

本当に全てが芸術品!
見事な建築物や彫刻に溜息の数々。
お天気も幸いして素晴らしい美しさに感激の連続でした!

現地ガイドさんに勧められた隣の王立軍事歴史博物館もナポレオンの時代からの戦争関連品(主に軍服類)や世界の軍服など不具合な言葉かもしれませんが戦争時代でも煌びやかさを感じる展示物も見応えがありました。

この後中心地へ戻り、まだまだ観光は続きます。

P1050147_convert_20140330215701.jpg


P1050167_convert_20140330214441.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/03/31(月) 02:23:35|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パリ ラデュレマカロン

パリ ラデュレマカロン

新たに買っていたパソコン Windows8.1 に相変わらず慣れないまま ノロノロと書いています。

少しずつですがパリ・ベルギー旅行の様子を行程は後先になるものの備忘録として載せていきますのでのんびりとお付き合い下さい。


今回の旅行はJTBのベルギー ブリュッセル2泊 ブルージュ1泊そしてフランスへ移動 パリ2泊の自由行動が多いツアーに姉と参加して来ました。
ツアーといっても偶々今回は10名に添乗員に現地ガイド付き 移動は40人乗バスという気楽でラッキーなものに当たり
自由行動日は朝8時には出て夜8時過ぎに戻るという目一杯見て歩く歩く超アクティブな私達でした。

さて、行き成り記憶が鮮明な最終帰国日になりますが


モンマルトルの丘へ
階段数の多さに息を切らせて漸く登りつめた
雲一つない空に白く輝くサクレ・クール聖堂
      P1050723_convert_20140329010224.jpg

   少し靄がかかっているもののパリの眺めの素晴らしいこと
      P1050729_convert_20140329010317.jpg
 
(ただ聖堂の手前には手首にミサンガを巻いてボッタぐろうとする危険な男達がいるので要注意)

そしてメトロでシャルル・ドゴール・エトワールへ
      凱旋門の足元へ出ます
      P1050736_convert_20140329010510.jpg

晴天の中、優雅な気分で緩やかな下り坂のシャンゼリゼ通りをコンコルド広場に向かって歩きます。
途中には桜が満開、パリやベルギーで日本より早くお花見ができるとは思いませんでした。
      P1050745_convert_20140329003630.jpg
     
      P1050743_convert_20140329024753.jpg

バスの車窓からは何度かありましたが華のパリ シャンゼリゼはやはり歩くのが素敵です。
      
   途中にラデュレロワイヤル本店 があります。
      P1050746_convert_20140329003248.jpg
    時間がなくて残念ながら外からの写真だけになりました。
    ディスプレイ
      P1050748_convert_20140329003450.jpg
           
    こちらはマドレーヌ通りにあるラデュレのディスプレイ
      P1050764_convert_20140329003332.jpg
   シャンゼリゼ通りの黄色プラスにピンク系で飾られていました。
   やっぱりラデュレの箱はマリーアントワネット調で素敵!
             
マドレーヌ通りの手前はサントノーレ通り。お菓子関係者には嬉しい通りですね。
さあ、ラファイアットが終着です。少し買い物をして時間までにホテルに帰ります。
足早でしたが最終日も計画通りのコースをこなしていよいよ帰国。
今となってはラデュレとマイユに入らなかったのが心残りでした。          

   ドゴール空港のターミナル1にはラデュレが入っています。
      P1050784_convert_20140329010351.jpg

   機内で食べようと3個購入
      P1050785_convert_20140329003202.jpg
 
 ナイスセレクトと褒められた3種
   薄緑 マリーアントワネット(同名のラデュレの紅茶のクリーム)
   ピンク 数種のベリークリーム
   黒   塩キャラメルクリーム

マカロンの黒は初めてでしたので正直驚きました。日本は海苔の文化があり普通ですがフランスでは食べ物にはとんでもないところパティスリーアオキサダハルの青木氏により黒が今では一般化されました。
やはりインパクトがありますね。
お味はというと もう3種とも感動でしたね!
クリーム類はそれは美味しくマカロンはしっかりしているのに口の中ではホロリと溶けていく食感が素晴らしかった。

この感動を忘れない内にと帰国後早速ラデュレ銀座三越店へ。

     P1050807_convert_20140329003119.jpg
     ブルー  マリーアントワネット
     ピンク  ギモーブを挟んだ苺のキャンディーフレーバー
     紫    カシスとスミレのフレーバー
       
マリーアントワネットは日本ではブルーに変わっていました。2年前まで空輸で来ていましたが今では日本で作れる環境が揃ったことでフランス人パティシエが作っています。ただ日本で手に入る色粉のみで作るので同じ色は出来ないとのこと。他の2種も日本では残念ながら同じものはありません。
日本のマリーアントワネットはアーモンド粒子がわざとなのか粗くてパリと同じものとは思えませんでした。

次回は是非ラデュレでお茶をしたいものです

  1. 2014/03/29(土) 02:57:53|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とうとうパソコンが壊れました。

とうとうパソコンが壊れてしまいました。

ですので暫くオーナーBlogとレッスンBlogは更新出来ない状態になってしまいました。
申し訳ございませんがご連絡が取れないこともあるかと思います。

また、フランス・ベルギーでの様子は復活後に書かせて頂きます。

あ〜それにしても大変😰😰なことに。。。
  1. 2014/03/28(金) 22:23:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山梨ワイン

山梨ワイン

今月に入りレッスンスケジュールが過密です。
年度末でもあるので目を通さないといけない更新書類やプチフラムや新規の仕事になる朝霞台講習へのレシピ提出にも追われています。

そんな中、今日のレッスンにいらしたTさんからホワイトデーにとワインを頂きました

      P1040939_convert_20140312204322.jpg

綺麗なブルーの瓶に入ったこちらのワインは山梨大学とサッポロワインとのコラボワイン。
海から採取した海洋酵母を用い山梨大学が開発したワイン醸造法を基にサッポロ独自のクールドワイナリーで仕上げた限定2400本。
山梨産甲州種ぶどう100%のやや甘口タイプで
ラベルは山梨大学ワイン科学研究センターです。

     P1040940_convert_20140312204424.jpg

近年、近大マグロをはじめとして大学が食品開発に力を注ぎ日本の食に貢献してくれていますね。
学生の皆さんにますます頑張ってもらいたいですね。

今飲んでみたいのを我慢してやらなければいけないことを終えるまで爽やかカラーのこちら、飾って眺めることに^^

お疲れモードに思いがけないプレゼント!とても嬉しく思います。
Tさんありがとうございました
  1. 2014/03/12(水) 21:18:39|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グラッシェル

グラッシェル

表参道「グラッシェル」 アントルメグラッセと生グラス専門店へ。(アイスクリームのデコレーションケーキとアイスクリームのこと)
表参道ヒルズ前の教会の通りに入り真っ白なお店です。

1階には生ケーキと20種類ほどのアントルメグラッセと生グラス。
可愛いデコレーションもあったりと色使いが綺麗なのでついショーケースに見入ってしまいます。

     P1040896_convert_20140303175419.jpg

     P1040897_convert_20140303175526.jpg

子供の頃、クリスマスにアイスクリームケーキがたまのあったりして、お味は今から思えばそんなに美味しくはなかったにしろ子供心にそれは一際嬉しかったものです。

アイスクリームケーキは憧れの存在でした。
一見すると普通のアントルメのようですがこれが全てアイスクリームで出来ているのです!
見ているだけで芸術品です。
憧れの存在が目の前に♪♪ 嬉しくなってしまいますね。

2階はイートインスペースになっており、内装も白一面、テーブルと椅子、ライティングにもこだわられています。

迷いながらもアントルメグラッセの2種盛り 苺のアイスとコンポートが入ったグランフレーズとてんとう虫をかたどったバニラとヘーゼルのアイスと木苺のシャーベットが入ったコクシテル。

      P1040899_convert_20140303175702.jpg

      P1040900_convert_20140303175754.jpg

そして数ある生グラスも迷ったものの
珍しい柑橘のツノカガヤキのシャーベットとフレーズパッションアイス

      P1040898_convert_20140303175617.jpg

それぞれにフレッシュなフルーティーさが際立った美味しさと口解けでした。

こちらのお店は北海道LeTAOの東京初の新事業。
日本ではアイスクリームは夏のみですがフランス・ベルギーではパティスリーでは通年あるもの。
お菓子のオリンピック クープドモンドでもアイスクリームがコンクール課題の一つになっています。

昨年7月にオープンされてから人気のお店。
温かくなるこれからは益々満席になってしまいそうです。

こちら、オンラインでもお取り寄せが出来ますよ。
www.letao.jp

  1. 2014/03/05(水) 18:47:39|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月rッスンスタート

3月レッスンスタート

雛祭りの本日から3月レッスンがスタートです。

Bクラス「ショーソン・ポム」

フィユタージュ(パイ生地)との名コンビ リンゴを煮詰めてショーソン型に成型しリーフのクープを入れて焼き上げます。

     P1040925_convert_20140303180001.jpg

     IMG_4340_convert_20140303200906.jpg

美味しいことには間違いなし。
そしてビジュアルもGood!!

焼き上がりの熱いうちに食べられるのも作り手の醍醐味です。

寒さと温かさが入り混じり春に近づく3月です。
さあ、今月も美味しいお菓子を作っていきますよ♪
  1. 2014/03/04(火) 12:01:12|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボルディエ海藻バター

ボルディエ海藻バター

フランスブルターニュ地方のボルディエバター。
ゲランドの塩でも有名な地方です。
その中でも海藻が入った海藻バターを取り寄せました。

     P1040922_convert_20140303175848.jpg

ジャン・イヴ・ボルディエ氏がこの地の海藻と塩を使って作られています。
フランス三ッ星レストランや高級レストランで使われているバターです。

お値段は125gで1600円ほどとかなり高いのですが
今回訳あってお安く手に入ることに。

赤い海藻がたくさん入り磯の香りにあふれた個性的な味わい、
塩気もしっかりあってとてもいいお味。

美味しいパンにこのバター、お魚ソテーにこのバター、
う~ん贅沢♪

主役級バターのボルディエです。  

  1. 2014/03/03(月) 18:48:51|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白金台 劉安

白金台 劉安

食文化サロン 薬膳料理の劉安へ。

劉安は高級エステ並みの美肌効果が得られる漢方レストラン。
中国3000年の漢方医学に基づく食餌療法を研究されています。

店主もメンバーのミラヴィルの会秋旅行の打ち合わせに行って来ました。私が幹事です(汗)

打ち合わせといいながら高級ランチ会となりました(笑)

     劉安と言えば コラーゲンスープ
     蜀咏悄+(45)_convert_20140228162007
     
     車海老の豆鼓醤炒め
     蜀咏悄+(44)_convert_20140228162124

     4日熟成させた金目鯛と白いんげん豆 
     蜀咏悄+(43)_convert_20140228162152
    
     ここまでブリュットと赤ワインのベリンジャーで 
     蜀咏悄+(42)_convert_20140228162214

     糖質コントロールの大豆麺を上海蟹味噌でからめトリュフと
     蜀咏悄+(41)_convert_20140228162243
  
     22品目の野菜 帆立貝柱で
     蜀咏悄+(40)_convert_20140228165615
        この品数に凄い! 
        蜀咏悄+(39)_convert_20140228165551
     
     麻婆豆腐と七穀米ご飯
     蜀咏悄+(38)_convert_20140228162353

     スイスの白ワイン グラスがもう素敵!
     蜀咏悄+(37)_convert_20140228162420

     デザート フォンダンショコラとムラング 
     蜀咏悄+(36)_convert_20140228162449

     スペシャリテ 杏仁豆腐
     蜀咏悄+(35)_convert_20140228162512

ご主人のお肌はツルツルピカピカでとっても綺麗 食餌が物語っています。 

打ち合わせの第一弾は取り合えず何とか。

それにしても贅沢極まりないお食事でした。
那須さん!本当にごちそうさまでした♪   
  1. 2014/03/01(土) 16:00:24|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。