スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大晦日です

大晦日です


今日は大晦日

今年は誰の胸にも特別な年でした。
きっと一生忘れられない年・・・

私も含め喪中はがきも例年になく多かった・・・。

プライベートでは
大好きで尊敬する父が亡くなり
実家へ一体何度足を運んだことでしょう・・
来年早々に一周忌です。
長男は自立し
娘は寮から独立し
引越しの手伝いも大変でした。
子供達の力になれることはもうそんなにないかもわかりません。

家族に大きな変動がある年でした。

でもお正月には帰って来て久しぶりに賑やかになります。


いろいろありましたが・・・

   今年も一年、皆様ありがとうございました。

   来年度もどうぞ宜しくお願い致します。

    来年も頑張っていきます。 Happy Sweet Time
 
IMG_1353_convert_20111230210648.jpg

     
           IMG_1308_convert_20111227233855.jpg


   皆様に良い年となりますように。

スポンサーサイト
  1. 2011/12/31(土) 12:01:43|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月のケーキ達

12月のケーキ達


クリスマスが終わった翌日には街はツリーから門松に姿が変わりすっかりお正月ムードになりました。
せめて中2日くらいあけて気持ちのクッションがあればと毎年思うのですが日本はお正月が大切にされているので日にちが迫り過ぎそういうわけにはいかないのでしょう。


12月には多くの作品がありましたが一部をご紹介いたします。

Aクラス
マロンバタークリームのブッシュ・ド・ノエル

    IMG_1344_convert_20111227234452.jpg

Sクラス
キャラメルムース・オ・リーム

    IMG_1274_1_convert_20111227234116.jpg

プチフラム
    ノエル・ショートケーキ

    P1000558_convert_20111227232121.jpg

プチフラム スペシャル
カシス・フロマージュ

    P1000579_convert_20111227232226.jpg

おまけのグラスデザート
    P1000582_convert_20111227232350.jpg


  1. 2011/12/29(木) 10:46:46|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりにランチへ

久しぶりにランチへ


クリスマスも終わり2日間、ずっと家でゆっくりしていました。
大掃除も少しずつです・・。
スチームクリーナーもテレビで見るように驚くほど綺麗になるわけではなく・・
でもパッドが真っ黒になるので汚れは取れているようです。
まあ何度もやっているうちに目に見えてくるのでしょう(笑)


そんな中、友人からランチの誘いがありました。

「12月に入ってから仕事ばかりで出ていないけど・・今は出る気が起こらない・・」
って話をすると
「出ないとダメよ!!」って。

誰もが口を揃えて「うそでしょっ??」
って驚きますが、
実は私、
出不精なのです(笑)


銀座の寿司屋「神火」へ行きました。
銀座でも新橋よりの隠れ家なお店。
芸能界やスポーツ選手にもお客様が多いようです。


写真の許可はとったのですがパチパチ撮っているとご主人から
「撮りすぎ」
と注意を受けてしまいました(笑)
そしてカメラの話になりお寿司を置いてくれる一段高い白木台についカメラを置こうとするとまたまた注意(笑)
「すみませーん」

ピシリと優しく注意をされるご主人に好感度 大!
いろいろな意味でご自分のお店を大切にされていればこそです。

なので控えめに写真を出します(苦笑)

お昼限定の炙りトロマグロ重
     P1000589_convert_20111227210619.jpg
絶品です!
寿司飯も好みですがマグロの火入れや2種の漬けなど贅沢な逸品でした。

デザートのトマトのシロップ漬
     P1000591_convert_20111227210731.jpg
トマトが品良く口直しの一品でした。

友人は今年の食べ収めとこれに握りのセットを追加しましたがその仕事ぶりに見惚れました。
職人技はとても美しい


クリスマスとお正月の狭間の銀座は空いていてゆっくりと銀ブラ、そして時間を気にしないお喋りも楽しみました。
予約が取れないあるレストランの話になり友人はまたまた闘争心を湧かし
来年の楽しみの一つになりました。

久しぶりのお出かけは気分が一新しました。

気がつくともう暗くなり
    P1000594_convert_20111227210841.jpg

東京駅の工事はまだまだのようです。

  1. 2011/12/27(火) 22:40:00|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年1月の予定

2012年 1月のレッスン予定


今日はクリスマスイブ

今年は例年に比べて静かで近くの公園のイルミネーションもありません。
皆様はどのようにクリスマスを迎えていらっしゃいますか?

私は今日で毎年仕事収めになります。
今年は明日の25日迄3連休なのでどうかと思っていましたがいつも通り23・24日にクリスマスパーティーをやられているようです。
仕事収めと言ってもデスクワークとこれからのレシピ作りはいつものことながら仕事収めにはなりません・・。

ケーキ作りに関係する者は1年で一番忙しい時期
感謝ですね~~。
今年も12月に入ってからあまり記憶がなく終わった今、フラフラで壊れています(笑)

子供達がまだクリスマスを楽しみにしている頃はヘトヘトな身体に鞭打ち頑張ってご馳走も作りクリスマスナイト
イベント事にメリハリある生活でした。
が、成長して自立した今、満身創痍で作り終えグッタリとした身体には何もしなくていい静かな時間。
一息つくと楽しみにしていたシャンパンも解禁!
「お疲れ様~、私」って

さあ、明日から大掃除~~です。
流行りのスチームクリーナーも買いました!


さて、2012年 1月の予定です。

Aクラス 「クラシック・ショコラ」
Bクラス 「ザッハ・トルテ」
Cクラス 「トロワ・ショコラ・ババロア グラスデザート」


Sクラス 「ムースショコラ・フォレ・ノワール」 
       IMG_1415_convert_20111222143349.jpg

 グリオットのキルシュ漬けコンポートを入れたビスキュイとシャンティとの大道フォレノワールをアレンジしてショコラムースとシャンティにパンドジェーヌを重ね、煌きあるグラサージュショコラ仕立てのプチガトーに仕立てました。
バレンタインケーキとなります。

1/16(月)S10:00~空席2 S14:00~空席2
1/17(火)A10:00~空席2  
1/18(水)S10:00~空席2
1/20(金)C10:00~空席2
1/23(月) 10:00~ 
1/24(火) 10:00~ 14:00~
予備日もありますのでご相談下さい。


リクエストレッスンのご案内 
 「マロニエ」
     IMG_0258_convert_20110830184706.jpg

マロンのバタークリームとシュクセ生地を何層にも重ねた濃厚なマロンケーキです。

1/28(土)10:00~13:00

会員:5000円 一般:5500円

皆様ご参加下さいね。


それでは素敵なX'mas night をお過ごし下さい。

Marrl X'mas     IMG_1312_convert_20111222143723.jpg
              IMG_1367_convert_20111222154426.jpg

       



  1. 2011/12/24(土) 16:42:02|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツ フランクフルト

ドイツ フランクフルト


最終日はフランクフルト
暗くなってから入った町なのでレーマー広場のマーケットはイルミネーションが綺麗です。

   P1000524111129_convert_20111220161001.jpg

   P1000533111129_convert_20111220160817.jpg

   P1000527111129_convert_20111220161357.jpg

   P1000525111129_convert_20111220160528.jpg


   Marry X'mas   
   
   P1000526111129_convert_20111220161205.jpg


そしてフランクフルト空港から帰国となりました。

聖なる儀式の一ヶ月前からクリスマスを祝うプロテスタントとカトリックの国。
どの町も賑やかですが騒々しくなく静かに楽しむクリスマス。
思ったほど寒さも感じなくお天気にも恵まれた旅行となりました。
ドイツの建築物に目を惹かれ心に残るその土地土地のマーケットと町歩きでした。
良かったです、ドイツ 
  1. 2011/12/23(金) 12:58:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツ ニュルンベルク

ドイツ ニュルンベルク


最終日は世界一有名なニュルンベルクの市へ

    神聖ローマ皇帝の城「カイザーブルク」
    P1000469111129_convert_20111220165613.jpg

    聖母教会前のマルクト広場にマーケットがあります。
    P1000482111129_convert_20111220165346.jpg

    P1000501111129_convert_20111220165723.jpg

    P1000495111129_convert_20111220170401.jpg

    P1000492111129_convert_20111220165917.jpg

    ニュルンベルガーソーセージのブラートヴォルストが入ったサンドイッチ
    P1000493111129_convert_20111220170029.jpg

    聖母教会前広場のそばにあるレープクーヘンの老舗「シュミット」
    P1000489111129_convert_20111220165213.jpg

    セミドライタイプのスパイスクッキー
    P1000488111129_convert_20111220165048.jpg
    ソフトな食感にオレンジとヘーゼルとスパイスが効いています。
    いろいろなレープクーヘンを買いましたがさすが老舗のこちらのものが美味しい^^
    チョコレートとプレーンの2種類あります。

    ローレンツ協会
    P1000511111129_convert_20111220170507.jpg

    教会建築がやはり素晴らしい。
    P1000516111129_convert_20111220170657.jpg

 世界各国からの観光客が来る町なのでブランドショップも多く城を持つ威厳ある中世そのままの素敵な街でした。

 各街でグリューワインがありますが少しずつ味が違います。
 ここニュルンベルクのものが一番美味しかったですね。^^
   
  1. 2011/12/22(木) 12:08:11|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツ ミュンヘン

ドイツ ミュンヘン


大都市ミュンヘンの市庁舎は素晴らしい建物
そしてその前のツリーが素敵です! 
    P1000360111127_convert_20111220150533.jpg
 
久しぶりの都会の雰囲気になぜか安心感が・・。
今まで見慣れない中世の現実離れした場所ばかりだったからでしょうか・・。


    P1000366111127_convert_20111220151548.jpg

    P1000368111127_convert_20111220151736.jpg

    P1000375111127_convert_20111220152005.jpg

    P1000385111127_convert_20111220152214.jpg

    P1000386111127_convert_20111220152430.jpg

    ブドウのゼリーかけブロシェット
    P1000390111127_convert_20111220152614.jpg
    
    キラキラリンゴあめ
    P1000391111127_convert_20111220152727.jpg


    P1000363111127_convert_20111220151354.jpg


大勢の人込みですが皆静かに楽しまれています。
ロマンティックナイト    
  1. 2011/12/21(水) 14:58:21|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツ ローテンブルク

ドイツ ローテンブルク


4日目は城壁に囲まれた三角屋根の建物のおとぎの国のような中世の街、ローテンブルク。

    P1000297111127_convert_20111220134405.jpg

           P1000299111127_convert_20111220134546.jpg

市庁舎前の小さな広場に15軒ほどのマーケットです。
石畳の町歩きが楽しめます。

    P1000303111127_convert_20111220134727.jpg

    P1000304111127_convert_20111220134932.jpg

    P1000305111127_convert_20111220135058.jpg
 
この旅行中唯一入ったカフェに求めていたケーキ達がありました。
    P1000323111127_convert_20111220135429.jpg
    中央の丸いお菓子はローテンブルク名物の「シュネーバル」
    粉糖やチョコレートをまぶされたカリサク感あるちょっと甘いクラッカーの塊のようなもの。

    P1000324111127_convert_20111220135553.jpg

     P1000327111127_convert_20111220135859.jpg

     P1000328111127_convert_20111220140026.jpg

シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ(フォレ・ノワール)
     P1000312111127_convert_20111220135203.jpg

ザーネ・トルテ
     P1000313111127_convert_20111220135309.jpg

とても大きいのですが生クリームが32%なのでゼラチンで固められ、とっても軽い食感です。
なのでぺロリ~。
私も作りますが本場の生クリームの軽さが違うキルシュが効いたこのケーキが食べられ本当に良かった^^
 
   こちらもこの旅行で一番だったグルグル渦巻き状のソーセージのサンドイッチ
     P1000345111127_convert_20111220140137.jpg
     最高に美味しかった!!
     


一年中クリスマス商品のお店もある可愛いとんがり屋根の建物達の町を後にミュンヘンに向かいます。    
  1. 2011/12/20(火) 14:40:27|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツ3日目はシュトゥットガルトへ

ドイツ3日目はシュトゥットガルトへ


3日目はフランクフルトから210km南下して世界最大のクリスマス市「シュトゥットガルト」へ

P1000199111126_convert_20111218131507.jpg
アウトバーンを走ります。

シュトゥットガルトはベンツやポルシェの自動車メーカーが本社を構える経済都市です。
大きな街の駅にある塔の先には大きなベンツのマークがゆっくりと回転しているのです。

3つの広場からなる大きなマーケットです。
屋台の屋根がデコレーションされているのがここの特徴なのですよ。

    P1000203111126_convert_20111218131712.jpg

    P1000204111126_convert_20111218131917.jpg

    P1000206111126_convert_20111218132110.jpg

    P1000208111126_convert_20111218132315.jpg

    P1000210111126_convert_20111218132715.jpg
    
    計り売りで売られているクッキー
    P1000236111126_convert_20111218133644.jpg
    美味しかったです^^
    
    右端も計り売りの長~いシュトーレン
    P1000235111126_convert_20111218133459.jpg

    P1000222111126_convert_20111218132903.jpg

    リンゴあめ
    P1000226111126_convert_20111218133013.jpg

    ピラミッド型の色鮮やかなキャンドル達
    P1000231111126_convert_20111218133143.jpg

    P1000239111126_convert_20111218133818.jpg

    銅鍋でグリューワインが温められ各街オリジナルのカップで楽しめます    
    P1000234111126_convert_20111218133333.jpg


大きなマーケットなので人込みが凄いです。
でも音楽が流れているわけでもなく静かに楽しんでいるのです。



*カメラご操作で音を上げていましたがご助言を頂きこれらの写真を出すことが出来ました。
 Iさんありがとうございました~

  1. 2011/12/18(日) 14:45:58|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何ということでしょう・・・

何ということでしょう・・・・・


ドイツのクリスマス市写真ブログを楽しみにしていてくださっている方々にお詫びがあります。

今回重さと大きさからミラーレス一眼を買い直し持っていきました。

カメラのハプニングとはJPGに設定していましたが3日目からRAWに変わっており・・・

カメラが勝手に変更することもなく・・・
(指タッチの簡単操作なので)
私が何かの弾みでとしか・・・

またそれを気付かず撮り続けて帰国して・・・


パソコンに出ない!!
どうして??
そしてやっと気付くのです.
ここまでに時間がかかったのにも情けない・・
物凄くあたふたしてしまいソフトで何とか見ることが出来たのはいいのですが・・・

このブログにはJPG/PNG/GFしか出来ないのです 

ですので続きは出せないのです。

もう声にならない 自分の不出来さに落胆・・・

楽しみにして下さっている方々ごめんなさい

見て頂こうと撮った450枚の写真達の行き場がない

お近くならと・・

どなたか良い案がありましたらご伝授下さいませ。

「楽しみにしているので是非一眼レフを持って行って!」と言って下さってGOMA様

声にならない私です・・。
  1. 2011/12/17(土) 01:23:18|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドイツクリスマス市へ

ドイツクリスマス市へ

皆様、お久しぶりでございます。
帰国翌日から12月が始まり、忙しさとカメラのハプニングもあり随分とご無沙汰してしまいました。

5泊7日で行ってきたクリスマス市の様子を少しずつアップしていきたいと思います。


1日目
成田発全日空往復直行便12時間でフランクフルト着~
時差は日本時間マイナス8時間。
新型ANAはシートも良くなっていたのに小さな感激。
到着は夜 まずはホテルチャックイン、24時間寝ていない状態なので早めに寝ます。

この旅行中お世話になったのはベンツバス。
フランクフルト3連泊、ミュンヘン2連泊の2拠点から各街のクリスマス市や世界遺産など回るプラン。
1日250~450kmの移動でしたが乗り心地が良くて快適でした。

2日目
世界遺産のケルン大聖堂へ

     P1000101_convert_20111214191442.jpg
古い大きな街ケルンの由来はオーデコロン発祥の地なのでケルン
ローマ帝国の殖民地だったコロニア(ローマ帝国呼称)からの2説あるようです。


ゴシック様式の建築物でとがった2つの塔が特徴です。
あまりに威厳ある大聖堂に感激します。
物語性のある美しいステンドグラス
キリストが生まれた馬小屋に星を頼りにお祝いに駆けつけた
東方三博士(ヨーロッパ系の老人・アジア系の壮年・アフリカ系の青年 世界全民を現しているのです)の聖遺物(まとっていた衣類の一部)が金色の棺に納められていることで価値感が高い聖堂です。

   P1000110_convert_20111214191652.jpg

   P1000104_convert_20111214191552.jpg

ここははじっくり見たかったのですが、時間の関係上通り過ぎるようにながら見だったのが残念でした。
この後自由時間は1時間半弱。

クリスマス市も何箇所かあるのですが行きつかなく大聖堂横のクリスマス市へ。

    P1000128_convert_20111214191839.jpg

    アートされたキャンドルグラス
    P1000138_convert_20111214210906.jpg
  
   
    P1000137_convert_20111214192123.jpg
    エコの国ドイツは木のオーナメントが多いのです
    P1000139_convert_20111214192258.jpg

    ザワークラフトとセロリの塩漬けそしてざく切りソーセージ マスタードをかけてもOK
    P1000145_convert_20111214192514.jpg
    う~ん、しょっぱ酸っぱい・・

    クリスマス市から大聖堂を見ると
    P1000154_convert_20111214192610.jpg

    P1000134_convert_20111214191958.jpg


初めてのクリスマス市は目が慣れなくて時間も気になり楽しむより雰囲気に馴染むことが精一杯でした。
大聖堂横の市は赤いテントタイプのおとなしげな屋台
雰囲気も静かです。
でもクリスマス市開催から数日しか経っていませんがなかなかの人込みでした。

この後古城のあるライン川に沿って走り、リューデスハイムの可愛いつぐみ横丁へワインの試飲へ。
(酔った足元を千鳥足というのがこちらではつぐみに変わります^^)
そしてフランクフルトへ戻ります。
この日は寝不足が解消できずセキュリティの心配からアルコールはなし。

0℃は当たり前なので寒さ対策はバッチリしていきましたが世界的に異常気象らしく汗で逆に風邪を引きそうなくらい。(バスや建物の中は温かいのです)ヒートテック達は無用となり長ティーを1枚入れておけば良かったかなって。
16時半には日が暮れます。そして夜明けは8時半 
明るい時間に限りがあるドイツです。 

・・・続く  
  1. 2011/12/14(水) 21:56:31|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。