スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳥もつ煮のタレ

鳥もつ煮のタレ

いつも活動的で 可愛いくて男前なY子さんから山梨のお土産を頂きました。
 
鳥もつ煮のタレ
   DSCF8940_convert_20110627162149.jpg
山梨観光土産品コンクール1位 山梨県知事賞受賞

山梨のご当地グルメは鳥もつ煮だそうです
「ケンミンショー」で見逃したかしら・・・

いつもは水から臭味や血抜き取りの下煮をして生姜も入れて炊きますが
「下茹でしないで下さい」とこちらは下処理要らずでこのタレを入れて煮込むだけ。
なのでいいもつを買ってきて初めてキンカンや砂肝なんかも入れてみました。
でも生姜とお酒も足して
10分ほど煮詰めて照りが出て

   DSCF8943_convert_20110627162220.jpg

簡単で美味しいです。
でもやはり気持ちの問題で次回は下煮してから作ってみます。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/28(火) 12:23:13|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

味覚の勉強 胡麻油

味覚の勉強 胡麻油

Patisにて胡麻油の味覚の勉強をしました。
使うのはいつもの岩井の胡麻油。
安政4年創業から150年の歴史があり、化学的製法や添加物や安定剤を一切使わない伝統的製法を守る香味抜群の胡麻油です。
   DSCF8930_convert_20110626163016.jpg
左から透明色の黄白・ノーマルの金口・濃い目にローストした濃口

まずはお豆腐でティスティング
   DSCF8931_convert_20110626163046.jpg
胡麻油と焼塩をかけていただきます。

夏向けの麺料理2種を作ります
冷し汁なしジャージャー麺
   DSCF8934_convert_20110626163155.jpg

冷し坦々麺
   DSCF8933_convert_20110626163119.jpg

どちらも岩井の胡麻油を使い、豆板醤や甜麺醤などで肉味噌を作ります。坦々麺には岩井の白胡麻ペーストでスープを作り食べる時には岩井のラー油をかけていただきました。
このラー油も胡麻油だけで作られています。

デザートにはマーラーカオ
   DSCF8935_convert_20110626163237.jpg
少しフレンチっぽいマーラーカオですが胡麻油で作ります。
胡麻油のくどさもなくミルキーな美味しさです。
    DSCF8938_convert_20110626163306.jpg
白胡麻のブランマンジェには白胡麻ペーストを少しかけていただきます。

胡麻油はオリーブオイルと同様に熱に強い油です、他の油と違うのは焙煎して作るということ。
加熱することで酸化が防げるので天麩羅油で唯一途中で足せる油になります。
ちなみに胡麻油はコレステロールゼロです。
そして胡麻100gは60kcal  胡麻油になると?
でも今日は抗酸化力のある胡麻油をいっぱいとってアンチエイジング出来たかも。
1日で失われてしまうセサミンは胡麻から1%しかとれません。
毎日とりたいものです

何よりも大切なことは体にいいものをとる事。
そしてクォリティが高いものを使うことで料理の味がグンと美味しくなるということです。
  1. 2011/06/26(日) 17:22:45|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月日程のお知らせ

7月日程のお知らせ

日程に変更がありましたのでお知らせ致します。

Sクラス
「タルト・ムラング・オ・フランボワーズ」
「タルト・オ・ミルティーユ」

7/4(月)11:00~14:00
7/7(木)10:00~13:00  14:00~17:00
7/8(金)10:30~13:30

Aクラス
「マドレーヌ」
「ブランマンジェ」

7/11(月)10:30~13:00

Cクラス
「ルーション」

7/1(金)10:30~13:30
  1. 2011/06/25(土) 08:00:26|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレジール

プレジール

三軒茶屋と下北沢の中間あたりにあるパティスリー「プレジール」へ行って来ました。
シェフはルコント、ミクニ、ロワゾードリヨンなど名店で修業され2010年1月にプレジールのシェフになられた捧 雄介氏。 
34歳とまだお若いシェフですがとても注目をあびている方です。

先日捧氏の講習会へ行き、いろいろと勉強をさせて頂きました。
実際に作ってみると違う出来ばえに?? 
う~ん・・お店に行ってみることにしました。

半地下の店内にはイートインも10席あり2人で4品食べました。

ムース・ショコラ・キュイ!?
   DSCF8746_convert_20110624091505.jpg
店内で上手く写真がとれなかったので講習会時のもの
こちらはシェフのイチオシ
キュイに?がついているのがポイントで焼いたチョコレートが入ったムースにとても柔らかなムースココがジョコンドとサブレに挟まれています。
面白い作り方でした。

ガト・アロマティーク
   DSCF8916_convert_20110624091033.jpg
              DSCF8922_convert_20110624091128.jpg
7種のハーブのムースにライムのクリームとチョコレートムースの組み合わせ
表面にミントを貼り付けた涼しげな仕上げ
友人にはハーブが濃いすぎるようでしたが私は夏らしいこのケーキはいいと思いました。

モンブラン
   DSCF8918_convert_20110624091204.jpg
               DSCF8920_convert_20110624091236.jpg

こちらのモンブランはおススメです。
下生地がムラングなので注文してから作ってくれます。
サクサクと軽いムラングに日本が世界に誇る砂糖、和三盆(贅沢!)をいれたシャンティにおそうめんのように細く絞った和栗クリームが見事です。
モンブランは重くなりがちですがこんなに軽いモンブランは初めて!!
是非一度食べて見て下さい。

シュー・ア・ラ・クレム
   DSCF8924_convert_20110624091339.jpg
                  DSCF8925_convert_20110624091417.jpg
小さめでクラムをのせたようなシューに入っているのはクレームディプロマート
個人的には小さめのシューにはバターをしっかり効かせたクレームパティシエールが好み。
しっかりしたシュー生地なので優しいディプロマートは少し残念でした
そして欲を言えばモンブラン同様注文後にクリームを詰めてくれたらせっかくのシューがもっと美味しく食べられるのにと思いました。

講習会では結構質問ばかりしていたのでアシスタントの女の子が覚えていてくれたのは嬉しかったですね。
シェフも出てきてくれて気になる疑問にも丁寧に答えて下さいました。
やはり大勢の講習会では見えなかったり見極めまではなかなかわからないものです。

他のお客様との会話からも気さくで優しい話しぶり シェフの人柄が見られました。

講習会では名立たる出版社がたくさん来ていたのにも今注目されていることが一目でした。
   DSCF8740_convert_20110624091609.jpg
講習会での捧氏

とても組み合わせがお上手で手をかけたケーキ作りをされる方です。
そして綺麗な仕上げとデザイン性にも目が行くパティスリーでした。

余談ですが私の好きな今はなきルコントのチーズケーキはルコントのシェフ達でも同じには作れないそうですが
是非ショーケースに並べてほしいと前回も今回もお願いしてしまいました。

暑かったこの日は三茶から歩きましたが結構な距離でかなりバテバテなのでこれから行かれる方には渋谷からバスをおススメします。
  1. 2011/06/24(金) 10:53:20|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月Sクラスのご案内

7月 Sクラスのご案内

今年も半分を過ぎてしまいました。
震災の後遺症で何となく時間が止まったまま時が過ぎてしまったような何ヶ月でした。
毎年5月恒例のお食事会も行えませんでした。
7月になると暑さも本番になり電力不足が心配です。
ですのでなるべく皆様にご不便をおかけしないためにも前半に教室日をまとめました。
そして8月はタルトマームも夏休みになります。

さて7月の予定です。

タルトレット2種になります
 「タルト・ムラング・オ・フランボワーズ」 3個お持ち帰り
   DSCF8896_convert_20110619165217.jpg
かるいタルトにフランジパンヌを詰めて焼き、パティシエールとフランボワーズジュレをのせてフランボワーズピュレで作るイタリアンメレンゲでデコレーションしています。ボリューム感はありますが口当たりは軽くベリーの酸味が爽やかです。

 「タルト・オ・ミルティーユ」 3個お持ち帰り
   DSCF8897_convert_20110619165255.jpg
同じタルトにブルーベリーをのせてイタリアンメレンゲをまわりに絞った夏向きのお菓子になります。


日程:7/4(月)11:00~14:00 空席2
   7/6(水)11:00~14:00 空席4
   7/7 (木)14:00~17:00 満席
   7/9(土)10:00~13:00 空席4

それでは宜しくお願い致します。
  1. 2011/06/19(日) 16:53:50|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月のケーキ達

6月のケーキ達

Aクラス「ルレ・オ・マンダリン」  
  DSCF8689_convert_20110616164438.jpg

Cクラス「シャルロット・ポワール」  
  DSCF8692_convert_20110616164517.jpg

Sクラス「シャルロット・テ・ベール・シャコラオランジェ」  
DSCF8843_convert_20110616164630.jpg   DSCF8845_convert_20110618160236.jpg


プチデセールでお出しした「ミラベルとパッションソルベ」
 DSCF8847_convert_20110616164716.jpg

読売文化Jrスィーツ「マンゴーチーズケーキ」   
   DSCF8696_convert_20110616164844.jpg

プチフラム「クッキーシュー・ア・ラ・クレーム」   
   DSCF8880_convert_20110618160313.jpg

プチフラム 5月度「フォレ・ノワール」
DSCF8664_convert_20110618160410.jpg   DSCF8666_convert_20110618160451.jpg

  
  1. 2011/06/18(土) 15:39:30|
  2. お菓子紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州うまいもの

九州うまいもの

旅行に行っての楽しみはやはり美味しいもの。
最初の楽しみは駅弁
この駅弁を楽しみにしていた通り大当たり!の駅弁でした

かしわめし
   DSCF8754_convert_20110616174117.jpg

鶏肉を関西の私は子供の頃はかしわと呼んでいました。
九州もそのようです。
鶏肉を煮込んだお汁で炊いたご飯にその鶏肉のほぐしたものと錦糸卵と刻み海苔がのっています!
今回のかしわめしにはおかずも充実

美味しかった~
色は薄いですが味はしっかりついていて後でお茶を何度か飲むようでした。

さて2日目のお昼は長崎でちゃんぽん麺を楽しみにしていましたが随分と時間を過ぎてのお昼だったので思っていたお店やあたりはちょうど休憩時間でクローズ。
そこで雨の中、78歳の母と何とも場違いな二人が入ったのがサポーター向けの「トルコライス」のお店。
サッカーユニフォームがまわり中飾られていて本当に居心地の悪いこと悪いこと(笑)

誰が見てもありそうにないのに
「ちゃんぽん麺、ありますか~」って母(笑)

カレー風味のピラフにとんかつがのっていてソースがかかり添え物に野菜サラダと少しのポテトサラダ。
アレッ、トルコライスは目玉焼きものっているんじゃ? それはタコライス?
トルコライスとはヨーロッパとアジアの中間のトルコをとって和洋折衷のワンプレート。
もうどうでもいい~、目の前の大して美味しくもないB級グルメを早く食べて出たいのが一番。
なので写真もありません。

そもそも「どうする?このお店」ってなった時に母の一言。
「子供も食べていたよ」
じゃあ、他にお店もないしファミリーも入れるお店なのねって思ってしまったのが間違い。
中には従業員の20歳過ぎの男女が休憩のランチを食べていたのです。
そう、母の言う子供とは母の年齢からしたら20歳台もちっさな子供と同じようなものなのですね。
これも今では笑い話です。

さて、3日目のお昼は一番の楽しみにしていた
柳川の「うなぎせいろ」
   DSCF8818_convert_20110616174240.jpg

小雨の中、合羽を着て情緒ある柳川の舟下りを楽しんだ後、立花藩のお屋敷とお庭7000坪が国の指定文化財になっている中にある御花で食べた「うなぎのせいろむし」
前もって予約していましたが私の勘違いな注文ミスで「五目せいろむし」が目の前に・・・。
うなぎしか頭になく五目せいろとはうなぎにさらに五目の何かが入った豪華版だと勘違いしてしまい・・・。

焦りましたが慌ててうなぎを1つ再注文!
五目せいろは一つお持ち帰りにしました。

そうですよね、世の中うなぎが食べられない方もいらっしゃるので違うメニューがあったのです。
おかげでアッツアッツのうなぎをほうばることが出来ましたが待っている間に散々うなぎせいろの能書きを言って楽しみにさせていた母は五目せいろを半分食べることになりうなぎを少ししか食べることが出来なくて悪いことをしてしまいました・・・。

このうなぎは背開きの関東風、大きく違うのがご飯にうなぎのタレがまぶされていること。
そして蒲焼と錦糸卵がのっていてせいろ蒸しなので木の風味が少しすること。
後がけのタレに比べて優しい感じのうなぎでした。
満足です。

「五目せいろ蒸し」
   DSCF8815_convert_20110616174153.jpg

こちらは炊き込みご飯に錦糸卵、大きな鶏肉の角煮と海老にしいたけ、筍、インゲンに醤油煮のうずらの卵がのっていてうなぎより少しお高めでしたがとてもいいお味でした。

注文間違いのハプニングもあったりちゃんぽん麺を食べられなかったり、お腹が空いていなくて佐世保バーガーも食べる時がなかったけれど一つでも美味しいものにめぐり逢えると嬉しいものです。
そのためにも下調べも大切。
美味しい思い出が出来ました。
  1. 2011/06/17(金) 15:45:02|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カシワバアジサイ

カシワバアジサイ

梅雨時の花と言えばアジサイ、素敵な紫陽花を頂きました。

「カシワバアジサイ」
   DSCF8868_convert_20110616172224.jpg

   DSCF8873_convert_20110616171512.jpg
   
葉っぱが柏の葉に似ているから名付けられたそうです。
花は鈴なり状の八重咲きのもの。
紫陽花は横に丸く広がっているのが一般的ですがこちらは上に向かって円錐状。

先週、母とハウステンボスへ行きちょうど紫陽花フェアでこの花もあり
「これも紫陽花?」なんて花に疎い私。

答えはここにありました。

とっても嬉しいですね~
部屋も華やぎ気持ちが優しくなります。

こちらはハウステンボスで見たアジサイ
   DSCF8781_convert_20110616172324.jpg

   DSCF8779_convert_20110616172420.jpg

いろいろな種類のアジサイがリボン状に波打って寄せ植えされていて、それは見事なアジサイロードがパレスハウステンボスまで続いていました。


 
   
  1. 2011/06/16(木) 17:09:12|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月の単発レッスンのご案内

6月の単発レッスンのご案内

夏にむけての焼き菓子 2種

「タルト・ミラベル」 14cm1台 実習
フランスの夏の果実「ミラベル」は金柑のような大きさで甘く酸味がありとっても美味しいフルーツ。
もともとはとても酸っぱい果実でしたが改良が進んで甘くなり誰もが美味しい!と言える果実になりました。
フレッシュのものは見た目は杏より小ぶり、少しネトッとしてとっても甘い! 

でも日本ではフレッシュは手に入らないので缶詰で作ります。

   DSCF8713_convert_20110607223920.jpg
ブリゼにリンゴのピューレを入れてベルジョワーズのお砂糖とガルニチュールを流して焼き上げます。

「ケーク・シトロン」 7.5×2.5㎝ 4個 実習
ワンボウルで作るレモンのパウンドケーキ。
可愛いサイズで作っていきます。

   DSCF8699_convert_20110607223841.jpg

日程: 6/23(木)11:00~14:00  
     24(金)11:00~14:00  
     25(土)11:00~14:00

レッスン料:会員 5000円 一般 5500円

それでは宜しくお願い致します。

  1. 2011/06/08(水) 15:09:14|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新玉ねぎ

新玉ネギ

ピカピカの新玉ネギを頂きました。

いつも元気印のI瀬さんの自家製野菜
 「とっても甘いんですよ!血液サラサラ、お顔も綺麗になるんですよ!」って

電車なのに重いのを持ってきてくれました。

   DSCF8716_convert_20110607223954.jpg

昨日の写真展でお会いした時に聞いていたので今日はごぼうサラダを準備して待っていました。

教室終了後の遅いお昼に早速薄切りにして水にさらしごぼうサラダと一緒に和えました。
   DSCF8719_convert_20110607224030.jpg
このシャキシャキ感がたまりません!

そしてカブも新鮮なうちに頂くことに。
薄くスライスして誠味の昆布の佃煮と和えました。
   DSCF8722_convert_20110607224110.jpg
   
今日は間違いなく血液サラサラ!
お顔の方はどうかしら~

I瀬さん、ありがとうございました。
  1. 2011/06/07(火) 23:07:30|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。