FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1月のCクラス

1月のCクラス

1月のタルトマームはバレンタインケーキになり、どのクラスもチョコレートばかり。
Cクラスのケーキをご紹介しましょう。

「トロワ・ショコラ・オ・ババロワ」
   DSCF5549_convert_20100121122616.jpg

三種類のチョコレートのグラデーションババロワです。
アングレーズソースとショコラサブレを添えたグラスデザートです。
バレンタインディナーのデザートにしていただきたい一品です。

あともう一品
「フォンダン・ショコラ」
   DSCF5544_convert_20100121122533.jpg

これは小さな焼き菓子です。デザートを食べた後、最後に
エスプレッソやカフェと一緒に召し上がっていただきたいお菓子になります。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/22(金) 10:12:28|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プチフラム

プチフラム

新年最初のお菓子は型いらずの焼き菓子タルトです。
志木駅に降りて1分。目の前にいきなりのイルミネーション。
この時期にまさかのイルミネーションでしたので驚きと嬉しさで思わず撮ってしまいました。

   DSCF5528_convert_20100121122103.jpg
綺麗ですね。この先がプチフラムです。

さて、1回目は9名でした。タルト生地は1人1人分を作りクリームは2人で組んで作ります。
即製法でタルトを作りフランスの砂糖「ベルジョワーズ」を使ったママンのタルトです。
このお砂糖は普通では手に入らないと思いますが砂糖大根から作られたブラウンシュガーです。
独特のこくと味わいでお菓子に深みが出ます。
バナナとシュトロイゼルを組み合わせ焼き上げます。
寒い時期に食べたくなるお菓子です。

   DSCF5530_convert_20100121122445.jpg

次回は1/23(土)18:30~です。
締め切られていますがまだ空席がありますのでどうぞこれからでもお申込下さい。
そして翌朝はフランスへ旅立ちます。
  1. 2010/01/21(木) 13:20:57|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロザルバ掲載ボナショコラレシピ

「アムール」レシピ

   DSCF4749_convert_20100114004030.jpg
(12×12×4.5cmセルクル1台分)
◇パート・シュクレ         
無塩バター       35g   
粉糖           20g        
卵            12g
薄力粉          50g  
アーモンドパウダー  8g
ココアパウダー      4g

1.薄力粉とアーモンドパウダーとココアパウダーを合わせふるっておく.
2.常温のバターをホイッパーでクリーム状にし、粉糖、卵の順に混ぜ1を粉気がなくなるまでゴムベラで混ぜ合わせラップに包み冷蔵庫で2時間休ませる.


◇クレームダマンド
無塩バター       30g    
グラニュー糖      30g    
卵             30g
アーモンドパウダー  30g

1.常温のバターをホイッパーでクリーム状にする(空気を入れないよう注意)
2.1にグラニュー糖、卵、アーモンドパウダーの順に混ぜる。

◇クーリー・フランボワーズ
フランボワーズピューレ 120g
グラニュー糖       50g     
レモン汁          10g    
ゼラチン           3g

1.鍋にフランボワーズピューレとグラニュー糖、レモン汁を入れ沸いたら規定水でふやかしたゼラチンを加え溶かす 
2.セルクルに流し冷凍する。

◇ムース・オ・ショコラ
グラニュー糖      40g
水            40ml    
卵黄            40g    
マダガスカル       80g   
生クリーム(38%)   120g

1.パータボンブを作る。グラニュー糖と水を沸騰させ卵黄に少しずつ加える。
2.1を湯煎にかけながらホイッパーでトロミが出るまで混ぜる。
3.2をミキサーでしっかり泡立てる。
4.チョコレート(マダガスカル)を50℃に溶かし、6分立てにした生クリームを合わせる。
 
◇組み立て・焼成
ブルーベリー      25粒    

1.パートシュクレを12×12cmに伸ばしオーブンシートに置いたセルクルに敷き込む。
2.1にクレームダマンドを流し平らにしてブルーベリー25粒を押し込み180℃で25分焼き、冷ます。
3.3にムースショコうラの半量を流し、冷凍のクーリーフランボワーズを重ね残りのムースショコラを流し平らにして 冷凍する。

◇グラサージュ・ショコラ
グラニュー糖      60g
水             50ml   
生クリーム(38%)    40g   
ココアパウダー     20g
ゼラチン          2g

1.鍋にグラニュー糖と水と生クリームを入れて沸騰させる。
2.1にふるったカカオパウダーを加えふやかしたゼラチンを溶かし裏ごしする

               
◇仕上げ
フランボワーズ     適量    
ブルーベリー      適量      
ミント            適量

1.冷凍したケーキの上面に40℃に冷ましたグラサージュショコラを流し冷し固める。
2.セルクルをはずしフルーツ、ミントを飾る。
  1. 2010/01/13(水) 23:51:10|
  2. お菓子紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大岡市民活動センター2回目

大岡市民活動センター2回目

今日は仕事始めでした。
東松山市の大岡センターでの2回目講習です。
家から車で40~50分かかります。今朝は随分早く出たのですが交通事故があり30分程予定より遅れて到着。早く出て正解でした。5台の玉突き事故だったらしい、怖いです。

そんなことでお当番さん方が早く着いていてすぐに計量することが出来,開始時間にも間にあいました。
今回は「フロマージュタルト」
パートシュクレとアパレイユを作ります。
型はアルミの鍋焼きうどん用です(笑)でもこれ結構使えるのです。
スポンジやタルトやバターケーキets・・人数が多くてもGood!!

3人で組んで作り分割して一人一台に仕上げます。 
タルト生地は即製法、アパレイユも混ぜるだけなのでお家ですぐに作れます。
今回は時間もスムーズでゆったりワイワイ楽しく出来ました。
最後、型から出して割れてしまった方、ごめんなさい。
もう少し早くそのままでと言うべきでした。
でも言わずとも出してくれたのは気が利くからこそですね。
試食時に人数が多いので皆さんとなかなかお話出来ないのが残念です。

   DSCF5524_convert_20100113174035.jpg

この東松山講習で毎年思うことがあります。
本当に皆さんいい方ばかり。良い設備環境と気遣いとマナーを取り揃えたメンバーに恵まれ感謝です。
今頃、皆さんケーキを召し上がっているかしら。
次回は2月10日 バレンタイン用のケーキになります。

   DSCF5523_convert_20100113174001.jpg
今日もお疲れ様でした~。そしてありがとうございました。
  1. 2010/01/13(水) 18:41:43|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑誌ロザルバ掲載

雑誌ロザルバ掲載

どんより寒い今日は成人式です。新成人の皆様、おめでとうございます
そして、御家族、特にお母様はお疲れのこととお察し致します。

何年か前の娘の成人式には美容院では付き人のように待っていたり、車での送り迎えではお抱え運転手のようにドアの開け閉め、着物が汚れないように袖を持って座らせたりとか、写真館では息を飲んで見守っていたり、いきなり記念ですからと一緒にお撮りしましょう・・。聞いてないよ~当然疲れきった顔と20才のキラキラした娘とのツーショット、封印の写真となっています。でも世話をやけることは幸せです、思い出されますね。
そろそろ式典も終わり街中へ繰り出して来る頃かしら。窓の外から振袖姿が見れる楽しみな一日です。
きっと今夜は遅くまで賑やかな声が響くでしょう。

さて、長くなりましたが本題に入ります。
昨年の8月、実家から帰ってきて溜まったメールの中に今回の「ロザルバ」17号のバレンタイン特集でのお話が来ていました。
フランスの老舗ショコラブランドボナ社の単一種のグランクリュ75%を使った企画でした。
う~ん、悩みましたがお受けすることにしましたが緊張の始まりでした。
本当に美味しい高級チョコレートなので負けないパーツの組み合わせやバレンタインの華やかさも出すように考えました。
レシピ作り試作も繰り返し何ヶ月かのかなりのプレッシャーを抱えて10月の撮影となりました。
さて撮影当日、食器やテーブルセンターの選択にはじまりましたが流石に感心したのがテーブルセンターにアイロンをかけ始めたことでした。(当然といえば当然かもしれませんが今までの私の写真にはそこまで求めたことがありませんでした)
そして、ケーキのエッジ!!1mmでもムラがあってはいけないのです。ビシッ!ピタッ!なのです。プロのカメラマンの要求には想像を超えたものがありました。流石です!
そして長いケーキの撮影後、疲れた私の写真撮影です。かなり引きつっています。他の方の写真はすごく自然体で羨ましい、あまり見たくない・・。
1月15日が発行日です。
撮影風景をアップします。ケーキの写真は本誌をご覧下さいね

   DSCF4732_convert_20100111133453.jpg

   DSCF4736_convert_20100111133527.jpg

   DSCF4742_convert_20100111133600.jpg

   DSCF4743_convert_20100111133645.jpg

   DSCF4745_convert_20100111133403.jpg
少しケーキをお見せしますね。 
  DSCF4750_convert_20100111133245.jpg

本誌P117ロザルバウインターセレクションに2月の単発レッスンのご案内も掲載されています。合わせてご覧下さい。

この企画に参加させて頂いたことが昨年の最高イベントとなり燃焼度100%でした。お世話になりました美研インターナショナルの皆様ありがとうございました。
  1. 2010/01/11(月) 14:51:04|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

蔵造り川越

蔵造り川越

川越の一番街の先に観光名所の蔵造りの町並みがあります。
お正月になると門松が各お店の前に立てられるのですが、普通の門松ではありません
以前はとても豪華で華やかな色合いでそれは見事でしたが、不況になった何年か前からかなり貧弱になった気がします。それでも他では見られない珍しい門松です。
再びお正月気分を味わいに行ってみました。家から歩いて15分程、三連休が始まった今日お天気も良く観光客も大勢でした

和菓子の右門
   DSCF5494_convert_20100109183423.jpg
和菓子のくらづくり本舗   
   DSCF5497_convert_20100109183346.jpg
お漬物の彩花  
   DSCF5498_convert_20100109183309.jpg
NHKつばさの舞台となった和食器のやまわ  
   DSCF5502_convert_20100109183141.jpg
額縁のフガセン
   DSCF5504_convert_20100109182838.jpg
何屋さんかな大和屋  
   DSCF5505_convert_20100109182804.jpg
木のアトリエそうび
   DSCF5506_convert_20100109182736.jpg
重要文化財の大澤家住宅  
   DSCF5507_convert_20100109182357.jpg
ソーセージの美味しいミオ・カザロ  
   DSCF5510_convert_20100109182255.jpg
和菓子の亀屋さんはやっぱり亀   
   DSCF5519_convert_20100109181309.jpg
川越のシンボル 時の鐘
   DSCF5517_convert_20100109181357.jpg
創作ちりめん布遊舎の福招き
   DSCF5511_convert_20100109182212.jpg

ちょっと早いけど買ってしまいました。
ちりめんで出来た可愛いお雛様。大きくて出していないのが毎年気になっていたので今年はこれを飾ります
そして福招き猫ちゃん
   DSCF5520_convert_20100109175949.jpg

  1. 2010/01/09(土) 19:35:33|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月のレッスン予定日

2月のレッスン予定日

2月のレッスン予定日をご連絡いたします。
ご都合の良い日程をお選び下さい。

2/8(月)10:30~
 19(金)10:00~14:00~
 22(月)10:00~14:00~
 23(火)10:00~14:00~
 24(水)10:00~14:00~  
 25(木)10:00~14:00~

*2月の単発実習レッスンのご案内
  2/15(月)10:30~13:30
    16(火)10:30~13:30
    17(水)10:30~13:30

  ・ダコワーズ(抹茶・焙じ茶・柚子)
  ・チョコレートプディング
      会員5000円 一般5500円

それでは宜しくお願い致します。

PS:1月Sクラスは19㎝トヨ型1台になります。
  12cm×20cm高さ8cmの容器をお持ち下さい。
  1. 2010/01/03(日) 22:42:42|
  2. レッスンについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年

謹賀新年

明けましておめでとうございます!
昨年1年も駆け足で過ぎて行きました。
このブログをご覧下さっている方、お教室の皆様、本当にありがとうございました。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

昨年はとても充実した1年でしたが余裕なく過してしまったかもしれません。今年はお伝えしたいケーキ作りをなるべくゆとりを持って毎月を過していきたいと思います。
でも2~3ヶ月前にメニューを決めてレシピを作るのはやっぱり大変ですが頑張って2010年を始めて行きたいと思います。日々勉強、向上心!!そして感謝!!

今年も作りました
2010年のヌガーティーヌ
1年間お教室に飾ります。

   DSCF5457_convert_20100102154615.jpg

また0から始まる年です。きっと良い年になるでしょう

  1. 2010/01/02(土) 16:13:01|
  2. コラム&日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。