スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プチフラム志木レッスン

プチフラム志木レッスン

先週末はプチフラム志木レッスン。

「タルト・ムラング・パッション」

一人分では大きすぎる 8.5㎝のタルトリング2個分で実習です。
タルトの中身はマンゴークリーム。
そしてマリネ・マンゴーを中心に重ねてそれはそれはたっぷりのパッションのイタリアンメレンゲを山高にナッペしてバーナーで軽く焼き目を入れて完成。
文字にするとアッという間ですが一工程ごと丁寧に。

      IMG_1109.jpg
       試食は7㎝タルトです

今回はこのナッペを皆さんにやって頂きたかったことがメインでした。
生クリームではボソボソになってしまうところをイタメレで練習を兼ねて。
皆さん難しいと言いながらも形良く完成。
とても楽しい工程だったと思います。

甘いイタメレも酸味を効かせたことでマスキングされタップリでも嫌味なく召し上がって頂けます。
イタメレの美味しさも再確認。

皆様お疲れ様でした(*^-^*)

       IMG_1112.jpg
       比較するものがないので解りづらいですがかなりBIG。

       IMG_1115.jpg

(断面の写真がないのが残念です。)


余談になりますが、イタメレを作るためマシン2台を手持ちしたため器材材料含め片手10kgと5kgの荷物となり、経験上筋肉通を予想し帰宅時にシップを購入。
予想通り夜から肩が痛みだし動けない翌日となっていました。
堪えました・・(苦笑)
スポンサーサイト
  1. 2017/08/28(月) 23:32:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プチフラム

プチフラム志木レッスン

今夜は満月
例年になくスーパームーンで大きなお月様です。
皆様 見られていますか? 
    P1070365_convert_20150928205441.jpg
     太陽に比べ月は神秘的です。
真っ暗な闇に光るまん丸な月を見ていると今までの嫌なことも嘘のように思える落ち着いた気持ちになれます。


さて昨日はプチフラム志木のレッスンでした。
季節の栗を使った
「黒糖とマロンのロールケーキ」

女性ならマロンに目が行ってしまいがちですが黒糖使いがメインでした。
風味に癖のある黒糖。
どの黒糖を使うかによりケーキ全ての味に影響します。
今回は癖のない上品な味のフィリピンのマスコバド糖使い。PHも問題ない黒糖です。

そして別立ての生地作りも重要でした。
きめ細かな弾力ある生地にこだわりました。
夏からレッスンギリギリまでこだわった配合と生地作りに結果は良好なものになりました。

        P1070363_convert_20150928205357.jpg

        P1070364_convert_20150928205418.jpg

        写真 (15)

  1. 2015/09/28(月) 21:23:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーボンヴュータン

オーボンヴュータン

東急大井町線 尾山台駅下車、駅前通りから環八まで一直線、すぐ右手に2015年4月に大幅に拡大された新生「オーボンヴュータン」へ。
        P1070213_convert_20150815183934.jpg

シェフの河田勝彦氏は日本のフランス古典菓子の先駆者で神様のような存在です。
新しくなってからは息子さんの河田薫シェフが経営者に。
息子さんの薫氏はパティシエでもありシャルキュトリー
シャルキュトリーとはフランス語で豚肉の加工品のこと。例えばハム、ソーセージ、パテ、テリーヌ等フランス料理の前菜に欠かせないものです。

リニューアルされてから4か月ですが凄い人気な上にお盆の土曜日とくれば更に混んでいます。

店内はパン、ショコラ、グラス、コンフィズリー、ケーキ、シャルキュトリーと何を選んでいいのか迷うほど。
注文後、中央のキャッシャーで支払を済ませて売り場で受け取るシステム。フランスっぽい。
ランチやお茶も出来るのですが満席。
でも素敵で落ち着いたトーンの店内、接客良い多くの男性定員で高級パティスリーの風格。

        写真 4 (8)
        写真 5 (4)
       シャルキュトリーコーナー
        写真 2 (17)
        写真 1 (17)
        写真 3 (12)
   
       今回はシャルキュトリーを購入 
         P1070215_convert_20150815183959.jpg
         テリーヌ・ド・ジュレ (豚すね肉のゼリー寄せ)
         カイエット (ハーブ入りレバーパテ)
         ブータン・ノワール (豚の血のソーセージ)  

フランスの肉屋(ハム屋)やスーパーでは普通に売られていますがパティスリーで大好きなブータンノワールやパテが1本(1枚)から買えるなんて。
絶品の美味しさです。
     

  1. 2015/08/16(日) 20:04:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読売文化Jrスィーツ

読売文化Jrスィーツ

第一日曜の8月2日は読売Jrスィーツ。
少し眠そうに集まってきた子供達はツヤツヤした小麦肌に変わっていました。

先月はココナッツオイルでクッキーを作ったので、今回はピーナッツオイルに変えて昨日プチフラムで行ったオレンジケーキを作りました。

子供達こそ良い素材を食べさせ健康な体と舌を磨く力が必要です。
子供の頃に培った味覚は一生の宝物になります

最初にデモを見せて各自一人でプリンカップ4個分を作って貰いました。
ワンボウルで作れるお菓子ながら、もう何も言わなくても淡々と作り上げて行ってくれます。
私は絞り袋に詰めるのを手伝うのみ。
大切な混ぜ方も皆ばっちり!安心して見ていられます。

もう一品はメープルプリン
こちらも簡単ですがメープルシュガーの美味しさが全面に出るプリンの中でもダントツに美味しいプリンです。
メープルシュガーは少量でも高価なのですが是非おススメ出来る逸品です。

味に容赦ない子供達です (プリンが苦手な子もいたのですが)
 やはり美味しかったようです(*^-^*)

       P1070161_convert_20150803092024.jpg
       (デモ用にオレンジケーキはフレキシパンで焼いています)
  1. 2015/08/04(火) 10:13:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大学は美味しい!!フェア

大学は美味しい!」フェア

6/2が最終日の午後、新宿高島屋催し会場の「大学は美味しい!」フェアへ行って来ました。
34大学のハッピ姿の学生さん達がオリジナルブランド商品のアピールで活気ある会場。

奈良女子大の奈良漬けを使ったケーキには白あんも練り込まれ奈良漬けの食感が心地よい具合に入り、最後に奈良漬け独特のお酒の風味が立ち上がるというとても美味しいケーキでした。

        写真 2 (12)
        写真 4 (6)

石巻専修大学はサバのスープにサバの骨粉を練り込んだ麺のラーメン。
ピーアール通り、全く魚臭くない澄んだスープに麺も骨粉が入っているのが解らないほどの美味しさ。
DHAやカルシウムがしっかり取れる日本の出汁ラーメンでした。
        写真 3 (9)

水産大学校ではさすが研究商品、地元ヤナカ醤油さんとコラボの
ウニの魚醤、鮎の魚醤、ふくの魚醤(フグ)
実は珍しいウニが欲しくて行ったのですが最終日なので売り切れ、代わりに鮎の魚醤を購入しました。

他にも糖質を考えたふすまと希少糖を使ったロールケーキ等、
健康を考えたもの、地産地消のものを使った各大学の研究ブランド。
「目線が今」の学生の商品は新たな発見がありました。

もう立派に商品化されているものも多く、来年も楽しみになるフェアでした。


  1. 2015/06/03(水) 18:55:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。